1. HOME
  2. キャンペーン比較
  3. BroadWiMAXとのキャンペーン比較で分かったJPWiM...

BroadWiMAXとのキャンペーン比較で分かったJPWiMAXで契約すべき3つの理由とは!

この記事は要するに...
  • 2019年7月はBroad WiMAXではなく、JPWiMAXのキャンペーンで契約すべき3つの理由とは
  • JPWiMAXは最安値かつ確実に割引を受けられる良心的なプロバイダだ
  • 20社を超えるプロバイダの中でなぜJPWiMAXのキャンペーンが最もおすすめなのか?
  • JPWiMAXで契約すべき人・GMOとくとくBBで契約すべき人の特徴

11月は当サイト限定キャンペーンによりBroadWiMAXがお得に!

今月のBroadWiMAXは月額割引に加えて当サイト限定のAmazonギフト10,000円キャンペーン実施中により、JPWiMAXよりおすすめに!

また、JPWiMAXは発想の遅れなどもあり、現在はあまりおすすめできない状況となっています。

詳しくは、【プロバイダ比較】JPWiMAXよりも当サイトからBroadWiMAXで契約すべき唯一の理由をご覧下さい!


結論から述べますと、「2019年7月 現在の最もお得にWiMAXを契約する方法は、JPWiMAXのキャンペーンを利用すること」です。

しかしながらWiMAXに関するサイトでは、Broad WiMAXで契約すべきであるという記載が多々見受けられます。では、本当はどちらのキャンペーンで契約することがおすすめなのでしょうか。

この記事では、JPWiMAXとBroad WiMAXのキャンペーンを3項目に分けて比較していきます。



(結論)Broad WiMAXではなくJPWiMAXのキャンペーンをおすすめする3つの理由とは

結論から述べると、Broad WiMAXよりもJPWiMAXをおすすめする理由は以下の通りです。

①3年間の総合計金額が、JPWiMAXの方がお得である。

11月現在だと、それぞれの総合計金額は以下の通りです。

  • JPWiMAX:127,600
  • BRoadWiMAX:124,352

②Broad WiMAXよりJPWiMAXの方が実質的には解約金が安い

Broad WiMAXでは、解約金に加えてキャンペーン違約金が発生します。後ほど1年で契約を解除した場合の総支払額を比較して参ります。


③有料サポートの加入義務がない

JPWiMAXでは有料サポートの加入義務がないのに対して、Broad WiMAXでは月1,000円程度の有料サポートに半強制で加入させられます。(加入すると無料になる初期費用が、加入しないと約20,000円かかるため)

契約後に解除すればいいのですが、忘れると大出費です。


それでは上記で述べた事に対して、順を追って丁寧に解説していきます。


①総合計金額

WiMAXは、20社以上のプロバイダ(販売代理店)が存在していますが、どのプロバイダで契約しても通信速度・通信エリア・バッテリーの持ち時間・通信量等のWiMAX自体の機能に違いはありません。

つまりWiMAXの物自体はどこで契約しても同じなので、WiMAXを契約する際に重視するのは、料金です。それでは3年間の総合計金額について比較して参りましょう。


●JPWiMAXの料金

出典: https://jpwimax.jp/

月額料金(割引後):

  • 1~3カ月目 2,800円
  • 4~24ケ月目 3,500円
  • 25~36カ月目 4,100円

事務手数料:3,000円

11月キャンペーン:月額料金割引 & Amazonギフト券10,000円

3年間の総合計金額:127,600

実質月額:3,449



●Broad WiMAX

出典: https://wimax-broad.jp/

月額料金(割引後):

  • 1~3カ月目 2,716
  • 4~24ケ月目 3,411
  • 25~36ケ月目 4,011

事務手数料:3,000円

11月キャンペーン:当サイト限定Amazonギフト10,000円 & 月額割引

3年間の総合計金額:124,352

実質月額:3,361

以上のとおり、合計金額はJPWiMAXの方が結構な差でお得であることが分かりました。


②違約金が高い

以下のグラフを見ると、JPWiMAXでは一見解約金が高めに設定されてることが分かります。

契約月数
JPWiMAX
Broad WiMAX
1〜12ヶ月目
30,000円
28,500円
13〜24ヶ月目
25,000円
23,500円
24〜36ヶ月目
25,000円
9,500円
37ヶ月目(更新月)
無料
無料
38ヶ月目〜
9,500円
9,500円
Loading...

しかし、Broad WiMAXでは、解約金に加えてキャンペーン違約金が発生します。

それでは、もしも契約1年後に解約した場合、1年間での総合計支払額(月額料金×12 + 解約金)を比較していきます。


●JPWiMAXを1年で解約した場合

1年総額56,900円、月額4,741円

内訳:3,000円(事務手数料)+8,400円(2,800×3カ月)+31,500円(3,500円×9カ月)+30,000円(解約金)-10,000円(キャッシュバック)=56,900円



●Broad WiMAXを1年で解約した場合

1年総額72,062円、月額6,005円

内訳:3,000円(事務手数料)+5,452円(2,726×2カ月)+34,110円(3,411円×10カ月)+19,000円(解約金)+9,500円(キャンペーン違約金)=72,062円


JPWiMAXの解約金30,000円は一見すると高額に思えますが、月々の月額料金も合わせて考えると解約までにかかるお金は高額ではないことが分かりました。

また、初めから1年間のみWiMAXを利用したい方はGMOとくとくBB(キャッシュバック)がおすすめですので、詳しくは【超裏技】キャンペーンを活用したWiMAXを一年契約する唯一の方法をお教えします。をご覧下さい!


③有料サポート強制加入の有無

各プロバイダには様々な有料サポート等が存在しますが、Broad WiMAXではその有料サポートが半強制加入で、支払い金額に影響するので注意が必要です。

それでは詳しく解説見ていきましょう。


●JPWiMAX

JPWiMAXでは、以下の画像のとおり2つのサポートが存在していますが、どちらも強制加入ではないので、必要があれば加入をすればいいのです。

出典: https://jpwimax.jp/

●Broad WiMAX

Broad WiMAXでは以下の画像のとおり2つのサポートに強制で加入をしなければなりません。

出典: https://wimax-broad.jp/form-complete/

※もしも加入をしない場合は、他のプロバイダでは請求されない初期費用(18,857円)が発生してしまいます。

補償内容を調べると安心サポート・MyBroadサポートのどちらも必要がないと思いました。なぜなら安心サポートは外部損傷・が補償されず、MyBroadサポートは一般的なセキュリティソフト等の方が性能も高く、安いためです。

どちらも契約開始の翌月から解約ができますが、忘れる人が非常に多いです。月1,457円もかかるので、会員サイトから確実に退会をしましょう。


以上の3つの理由から、Broad WiMAXよりも、JPWiMAXで契約すべきであるということが分かりました。

以下では、JPWiMAXがなぜおすすめなのか、簡単ではありますが紹介いたします。


2019年7月で最もお得なプロバイダはJPWiMAXである

3年総額127,600

出典: https://jpwimax.jp/

最新機種が利用でき実質月額が最もお得であるJPWiMAXが最もおすすめです!それではメリット・デメリットを見て参りましょう。

メリット

  • 7月のキャンペーンはJPWiMAX史上1番お得である!(今しかない!)
  • 契約直後と1年後にキャッシュバックが貰えるので、忘れる可能性が少ない。もしも忘れた場合でも契約期間中であればいつでも受け取れる。
  • 最新機種も利用でき、実質料金が業界最安値である。

デメリット

  • キャンペーンのキャッシュバックが現金ではなく、Amazonギフト券である。
  • Amazonギフト券の受け取りが、2回に分かれている。(1カ月後と1年後)
  • 他の代理店に比べ、解約金が1.5倍程度高い(詳細は補足情報内に記載)

JPWiMAX補足情報

料金内訳:事務手数料3,000円+月額2,800円×3カ月+月額3,500円×21か月+月額4,100円×12か月―Amazonギフト10,000円=127,600

機種:最新機種(W06)

解約金:1カ月~12カ月(30,000円)、13カ月~36か月(25,000円)、更新月(無料)

キャッシュバック受け取り方法:契約直後と1年後の2回に分かれている。

端末と届くAmazonコードを、契約後に届く「お申込み完了メール」に記入。

※契約期間中であればいつでも受け取り可能!!!

※月額料金は割引を含んだ金額です。

JPWiMAXをおすすめする人

  • 最もお得に最新WiMAXを購入したい人。
  • 月額割引もキャッシュバックもどちらの特典も欲しい方
  • キャッシュバックをほぼ確実に受け取りたい人。
  • 3年間WiMAXを使い続ける予定の人(違約金が高いため)

解約金は割高ですが、月額割とキャッシュバックのハイブリッドキャンペーンでダブルでお得なJPWiMAXは、確実に3年間使う方に圧倒的におすすめです!


JPWiMAXで契約すべき人はそこのあなた!

  • 最安値でWiMAXを利用したい人
  • 余計な手続き等を行わないで確実にお得に利用したい人

シンプルですが最も重要なこの2つに尽きると思います。それぞれ解説をしていきます。


①最安値でWiMAXを利用したい人

全てのWiMAXプロバイダと比較した時に、最も料金がお得なプロバイダがJPWiMAXになります。

下記は主要プロバイダとの比較表になりますので、ご覧下さい。

プロバイダ
契約年数
実質月額(キャンペーン込み)
11月キャンペーン
3年総額
JPWiMAXロゴ
3年
3,449円
月額料金割引 & Amazonギフト券10,000円
127,600円
GMOとくとくBB(月額割)ロゴ
3年
3,572円
月額料金割引
132,147円
GMOとくとくBB(キャッシュバック)ロゴ
3年
3,234円
キャッシュバック34,800円(最新端末の場合)
119,652円
@niftyロゴ
3年
4,277円
月額料金割引
158,240円
BIGLOBEロゴ
1年
4,612円
キャッシュバック10,000円
155,480円
So-netロゴ
3年
4,018円
月額料金割引
148,656円
BroadWiMAXロゴ
3年
3,361円
当サイト限定Amazonギフト10,000円 & 月額割引
124,352円
カシモWiMAXロゴ
3年
3,704円
2ヶ月間1,380円
137,048円
UQWiMAXロゴ
2年
4,488円
3,000円キャッシュバック(クレカ払い)
158,856円
ヨドバシカメラロゴ
2年
5,171円
最大21,600円割引(旧機種のみ)
183,012円
ビックカメラロゴ
3年
4,366円
最大20,000円割引(旧機種のみ)
161,560円
Loading...

各プロバイダの料金は、グラフの通りとなっています。 今月は1位がJPWiMAXで、2位がGMOとくとくBBとなっています。

W06(最新機種)が使える代理店の中ではJPWiMAX(月額割&キャッシュバック)が最もお得であると分かりました。


②余計な手続き等を行わないで確実にお得に利用したい人

上記で説明をしましたが、JPWiMAXは、キャッシュバックも確実に受け取れますし、有料サポートの強制加入もありませんので、手続きのやり忘れで損をするといったことは一切ありません。

キャッシュバックを忘れた悲しみや、余計にサポート代を払っていた怒りは計り知れません。確実にお得にWiMAXを契約しましょう。


簡単ですが、JPWiMAXが最もおすすめである理由を説明しました。JPWiMAXのキャンペーンはものすごく本気を出しています。

JPWiMAXの高額キャンペーンは、以下のキャンペーン公式ページから利用できますので、ぜひご覧下さい。


JPWiMAXが最もおすすめのプロバイダであると分かりましたが、条件によってはGMOとくとくBBの方がお得になるケースがございいますのでご紹介します。


JPWiMAXではなくGMOとくとくBBで契約すべき人

料金表で2位のGMOとくとくBBに関しては、以下の2つに当てはまった方はGMOとくとくBBでの契約を検討してみてはいかがでしょうか。

  1. ご家庭等向けの設置型WiMAXを契約する予定の方。
  2. 契約を1年程度で解約する予定の方


1. ご家庭等向けの設置型WiMAXを契約する予定の方

設置型WiMAXの最新機種(HOME L02)を取り扱っているプロバイダの最安値はGMOとくとくBBになります。ですので、家でのみWiMAXを利用する方は、GMOとくとくBBがおすすめです。


2. 契約を1年程度で解約する予定の方

JPWiMAXは解約金が高いことが分かったため、既に1年程度で解約する予定の方は、GMOとくとくBB(キャッシュバック)をおすすめします。

GMOとくとくBB(月額割引)だと、割引を全て受けられないので注意してください。

GMOとくとくBBのキャンペーン詳細や注意点など、さらに詳しくは【11月最新】GMOとくとくBB(月額割引)でWiMAXを契約してはいけない理由 をご覧下さい!



まとめ

WiMAXを確実かつ最安値で契約するためにJPWiMAXを利用すべき。

Broad WiMAXでは、有料サポートの解約忘れ等のリスクが大いにある。

2019年7月のおすすめプロバイダは、JPWiMAX。

1年で解約する方・設置型を購入する方は、GMOとくとくBBを利用すべき。


いかがだったでしょうか。この記事では、JPWiMAXとBroad WiMAXどちらで購入すべきなのかを解説して参りました。結果としては、JPWiMAXで契約すべきであるということが分かったと思います。

別の記事では、JPWiMAXのキャンペーン受け取り方など、さらに深掘りしていますので是非ご覧ください。

プロフィール画像

Author

馬場 三郎
WIMAX業界に携わってはや4年目。WiMAXの代理販売をしていた知識を活かし、表裏のない情報や本当にお得なWiMAXプロバイダの紹介など、いちWiMAXユーザーとしてフラットにお伝えしていきます。趣味はフットサルで、異名はゲームの影の支配者(自称)です。
MENU