法人向けのポケットWiFiはこの3つのみ確認すればOKです!

この記事は要するに...
  • 法人であろうが個人であろうが、ポケットWiFiの選び方は変わらない
  • 法人の方におすすめのポケットWiFiは『通信量』『利用期間』『その他のこだわり』から選ぶ
  • キャッシュバックに関しては手続きが面倒なのでやめておこう!
  • 2020年6月現在で販売中のポケットWiFiを全て比較できる当サイトの機能をおすすめします。

6月2日最新、ポケットWi-Fi47プランからおすすめポケットWi-Fiを検索!詳しくは、【6月2日更新の在庫情報】全40社からおすすめポケットWiFiを検索・比較できるサイトへ!

法人の方がポケットWiFiを契約しようとしていませんか?

「法人がポケットWiFiを契約する場合、何がおすすめなの?」
「法人がポケットWiFiを選ぶ基準を解説いて欲しい!」
「ポケットWiFi紹介サイトが多すぎて、おすすめのポケットWiFiがわからない」

数あるポケットWiFiから、法人の方におすすめする選び方を忖度なく解説していきます。
最も法人の方におすすめのポケットWiFiを一緒探していきましょう!





【要確認】法人も個人もポケットWiFiを選ぶ基準は変わらない2つの理由

法人の方がポケットWiFiを選ぶ際は、個人と同じ選択方法で大丈夫です。
その理由は以下2つになります。


①法人・個人で契約しようと値段はほとんど変わらない

法人・個人で契約して、値段が変わるポケットWiFiはほとんどありません。
筆者の知る限りでは、『法人限定キャンペーン』などを見かけたことは一切ありません。


②法人専用のポケットWiFiは存在しない

法人のポケットWiFiに関するネット記事を確認すると、『法人専用のポケットWiFiを紹介してる風』なサイトいくつかありました。
筆者の知る限りでは、法人専用のポケットWiFiはみたことがありません。


以上の理由から、『ポケットWiFiの選び方は、個人・法人変わりません』!
次は、実際に法人の方がポケットWiFiを契約する際に、確認をおすすめする3項目をみていきます。



法人がポケットWiFiを契約する際に、確認すべき3項目とは?

法人の方がポケットWiFiを契約する際は以下3つの項目を比較して、おすすめのポケットWiFiを決めましょう。


  1. 『利用期間の総合計金額』で比較する
  2. 『通信量』で比較する
  3. 『その他のこだわり』で比較する

①『合計金額』を比較する

ポケットWiFiを契約する際は、『月額料金』だけで決めるのではなく、『利用する期間』の、『初期費用』・『端末代』・『解約金』等全ての料金を含めた合計金額で判断しましょう。
一見安く宣伝しているポケットWiFiも、全ての料金を合計した際に高額になる場合もあるので注意しましょう。
法人の方は経費をより削減したいと思いますので、予算内に収まるように総合計金額を確認しましょう。


②『通信量』を比較する

ポケットWiFiの再契約を考えている方は、通信量が非常に気になることだと思います。
昨今は、ポケットWiFiは30社以上が月10GB以下〜無制限まで様々なプランを行っています。
法人の方は動画視聴等の通信量を大幅に利用しない可能性もあると思います。
必要としている通信量と料金の兼ね合いで考えましょう。


③『その他のこだわり』で比較する

法人の方は、利用する状況によって以下のこだわり項目も確認するようにしましょう。


1 海外で利用できるか比較する

ポケットWiFiの中には、国内・海外共に利用できる便利なポケットWiFiがあります。
会社で出張で利用する可能性がある方は、海外で利用できるポケットWiFiを選ぶようにしましょう。
海外専用のポケットWiFiよりも、国内外利用できるポケットWiFiの方が圧倒的に安いです。


2 解約金が無いか比較する

ポケットWiFiの中には、解約金が発生しないものが多数あります。
『回線が整備されるまで繋げたい』『とりあえずお試しで利用したい!』という法人の方にはおすすめです。


3 通信エリアが広いか比較する

ポケットWiFiの中には、3キャリア(au・docomo・SoftBank)の4G回線が全て利用できるものがあります。
2020年から広く普及した機能であり、通信の安定性とエリアの範囲が格段と向上しました。
田舎の方の法人や、通信を安定させたい法人の方におすすめです。


以上がポケットWiFiを選ぶ基準になります。
次は、法人の方がポケットWiFiを契約する際の経費の扱いを確認していきます。


【コラム】法人がポケットWiFiを契約する際の注意点

法人がポケットWiFiを契約する際は、3つの注意点がありますので簡単に確認していきます。


①ポケットWiFiは『通信費』で計上できる

ポケットWiFiを含めネット回線は、『通信費』として計上ができます。
経費として計上できるので安心してください。


②キャッシュバックは経費の計算は面倒なのでやめておこう!

ポケットWiFiの中には、数万円のキャシュバックを行っている場合があります。
しかしながらキャッシュバックは『雑収入』になってしまうので、経費計上が面倒です。
キャッシュバックがあるポケットWiFiは安いというイメージがありますが、合計金額を見ると安くないので注意しましょう。


③請求書払い・見積書発行をできるポケットWiFiも多数存在している

ポケットWiFiの中には、『請求書払い』『見積書の発行』を行ってくれます。
サイトに記載がないものの、請求書払い・見積書の発行を対応してくれる場合があるみたいです。
請求書払い・見積書発行を発行したい場合は、確認してみてもいいでしょう。



以上で法人がポケットWiFiを契約する際の確認項目等の解説を終わります。
選ぶ基準を解説しましたが、『自分で30社以上も比較して行くのが大変』と思った方も多いと思います。
そんな方のために、筆者が全30社を超えるポケットWiFiのデータを集めて、『条件別に検索できる機能を作成しました!』
『当サイト限定の』検索機能の説明を簡単にして終了します。



【騙されるな】法人におすすめのポケットWiFiは法人の条件から選ぼう!

当サイトでは、法人の方に向けて『あるポケットWiFiだけを忖度しません』。
理由は、法人それぞれ契約すべきポケットWiFiが異なる』『からです。
そんな方のために、筆者が全30社を超えるポケットWiFiのデータを集めて、『条件別に検索できる機能を作成しました!』
下記画像のようにポケットWiFiが検索できますので、ぜひ検索してみてください。


※検索したい方は以下のリンクから!



まとめ

  • 『通信量』『利用期間』『その他のこだわり』から法人におすすめのポケットWiFiを選ぶ!
  • ポケットWiFiは通信費に計上できる!
  • 当サイトの検索機能で法人におすすめのポケットWiFiを比較しよう。


Author

馬場 三郎
WIMAX業界に携わってはや4年目。WiMAXの代理販売をしていた知識を活かし、表裏のない情報や本当にお得なWiMAXプロバイダの紹介など、いちWiMAXユーザーとしてフラットにお伝えしていきます。趣味はフットサルで、異名はゲームの影の支配者(自称)です。
MENU