ドコモのギガホプランの真実と最もお得に通信量無制限を実現する方法

この記事は要するに...
  • ドコモのギガホプランは、『ギガ放題』ではなく月に30GBしか利用できない
  • ドコモのギガホは、「使用量によっては通信制限がかかる」、「料金が高い」の2点からおすすめできない
  • 通信量を無制限にしたい方は、ギガホではなくポケットWiFiを利用すれば月3,000円〜5,000円程度お得&高速
  • ドコモとポケットWiFiの2回線を持つことは、通信障害等のリスク回避にもなる!
  • ドコモのギガホを利用するのならば、ポケットWiFi方が断然お得に通信量を無制限に利用できる!

「ドコモのギガホって本当にお得なの?」
「契約が複雑すぎてわからない」
「もっとお得にデータ通信量を無制限に利用できないの?」

ドコモでは、2019年6月から新たなプランであるギガホプランが発表されました。このことに関して上記の疑問を持たれる方がたくさんいると思います。

そこで、ドコモのギガホプランの解説やおすすめできない理由等を誰にでもわかりやすくシンプルに解説していきます。

この記事を読めば、ドコモの新プランだけでなく最もお得にデータ通信量を無制限にする方法も理解できます!


※今回はドコモのギガホに関して説明していきますが、別ページではauよりも毎月5,000円程度で安く利用できるおすすめのポケットWiFiを比較・検索する機能を開設しました!
『通信量』『月額料金』『契約期間』等から、あなたにおすすめのポケットWiFiを検索することが可能なページが以下のリンクにあるので興味がある方はご確認ください!



【基礎編】ドコモのギガホを超シンプルに解説してみた

出典: https://news.kddi.com/kddi/corporate/newsrelease/2019/05/13/3750.html

ドコモが発表した新プランに対して、ネットやニュースで大きな反響がありました。実質4割を値下げして契約内容をわかりやすくしたとの事でした。

しかしながら、SNS等では「分かりにくい」・「結局高額なのでは?」といった声も多数ありました。

まずは、ドコモのギガホがどのようなものなのか超シンプルに解説していきます。

データ通信量について

今までは月間の通信量を超えてしまった場合、その月が終わるまではとても遅い速度になってしまう通信制限がかかっていました。

しかし、ドコモのギガホだと月30GBまで利用ができて、30GBを超えても約1Mbps(Webサイトは不自由なし、動画視聴は厳しめ)の通信速度が出ます。



ドコモのギガホ注意点

①ギガホと言う名前だが通信制限は存在する

一見すると、ギガホと言う名前なので通信量を無制限に利用できる印象を受けますが、30GBを超えると普通に速度制限がかかるそうです。


②速度制限後の1Mbpsとはどのくらいの速さ?

  • Webサイトの閲覧は問題なく見れる
  • ラインは返信可能
  • SNS(インスタ・Twitter・TikTok等)の動画視聴は不自由
  • Youtubeは、読み込みに時間がかかりやや不快レベル

遅くはなりますが、必要最低限の操作はできます。

ただ、アマゾンプライム・DAZN・netflix・YouTube等の動画配信サービスの高画質での視聴は厳しそうです。

『動画等で大量に使う為に契約したのに(泣)」となってしまいかねません。


●料金割引について

このプランの基本料金は6,980円です。ここから端末代やら諸費用がかかるので結局1万円程かかってしまうかと思います。

この基本料金から2段階の割引があるので解説します。


①固定回線とのセット割引

固定回線にと通信契約のセットである「ドコモ光」の利用者は、利用期間中は1,000円割引になります。

※固定回線を利用する為には、別途3,500円〜7,000円程度かかります。


②家族割引

家族でドコモと契約している人が2人いたら500円、3人以上で1,000円の割引になります。


この2つの割引が全部適応された場合、4980円なのです。必ずしも最安値で利用できる訳ではないので注意が必要です。

まずは簡単にドコモのギガホについて解説していきましたが、押さえておきたいポイントは以下の2つです。

  1. ギガホと言う名前だが、月30GBを超えると速度制限がある
  2. 割引は全て受けられるとは限らない。基本料金が基準だと考えるべき。

次に、ドコモのギガホについておすすめできない大きな理由が2つありますので解説をしていきます。



ドコモのギガホをおすすめできない2つの理由とは

ドコモのギガホがおすすめできない理由が2つあります。上記と少々内容が被りますが早速解説をしていきましょう。

①ギガホと言う名前だが、月30GBを超えると速度制限がある

データ通信量の大容量プランを利用したい方は、「とにかく通信量を気にしないで使いまくりたい」と言う思いで契約をされていると思います。

それなのに、「月30GBで通信制限になる」というのは中途半端なのでおすすめできません。

※ちなみにポケットWiFiであると、通信量は完全に無制限である上に大量に利用したからっといって速度制限があるわけではありません。


②料金が高すぎる

基本料金が月額6,980円と述べましたが、

基本料金が月額7,480円と述べましたが、ポケットWiFi大手のどんなときもWiFi(通信量無制限のポケットWiFi)と比較してみましょう。

  • ドコモのギガホプラン;6,980円
  • ポケットWiFi(どんなときもWiFi):約3,000〜円

毎月3,500円以上の料金差があり、1年間で約4万円の差額になってしまいます。4万円もあれば国内旅行に行くことだって可能でしょう。

この2点から、ドコモのギガホプランはおすすめできません。ポケットWiFi(どんなときWiFi)との比較をまとめたグラフが以下の通りになります。

契約月数
ドコモギガホプラン
どんなときもWiFi
通信量
月30GBまで
無制限
速度制限後
1Mbps
1Mbps
月額料金
6,980円
約3,500円
対応エリア
広い
超広い(大手3キャリア回線)
Loading...

※30種類以上あるポケットWiFiの中で、どんなときもWiFiと比較を行いましたが、理由としてはポケットWiFi大手であるからです。

どんなときもWiFiだけでなく、ポケットWiFi30社以上の中からあなたにおすすめのポケットWiFiを検索できるページがあります。
以下のリンクから、通信量無制限を5,000円以上安く利用してみてください!



ドコモのギガホプランではなく、ポケットWiFiの購入をおすすめする方

ドコモのギガホプランを検討している人の大半は、通信制限にかかることに不満を持っている方だと思います。

そこで超高額なドコモのギガホプランではなく、月5,000円程度も安いポケットWiFiの契約をおすすめする方をまとめます。

①通信回線を2種類持つことでリスク回避できる

大手キャリアは約1年に1度程度の頻度で大規模な通信障害が起こります。

もしもドコモのスマホで契約をしてポケットWiFiも所有していれば、ドコモ&ポケットWiFiの2回線を持つことになります。
ドコモ回線に通信障害が起きたとしても、ポケットWiFiの回線に切り替えて利用すればいいのです。


②通信量に不満を持っている方

通信制限に1度かかってしまうと、とてもストレスですよね。

ドコモではYouTube等をたくさん見ていると通信制限にかかる可能性は十分にあります。

通信量をいくら利用しても通信制限にかからない物が主流となっています。


③スマホの利用料を安く、通信料をたっぷり使いたい方

スマホの安いプラン(もしくは格安SIM等)とポケットWiFiを組み合わせて使った方が、ドコモのギガホに比べて毎月10,000円近くお得に契約することができます。


④外出時にスマホだけでなくパソコン等でネット回線を楽しみたい人

ポケットWiFiを所持していれば、外出時にも高速通信を無制限で利用できます。
既にドコモで契約していて通信量に不満がある方は、安いスマホとポケットWiFiを契約することを強くおすすめします。


要するに通信量と料金に不満を持っている方は、スマホ等を安いプランで契約しポケットWiFiを利用すべきです!



ポケットWiFiを契約する2つの注意点

ポケットWiFiを購入すると、値段・通信量の面でとてもお得であると分かりましたが、いくつか注意点も存在するのでまとめます。

①ポケットWiFiとスマホ2つを契約することになる。

ポケットWiFiとスマホの契約別々になりますのでやや面倒です。


②スマホに加えてポケットWiFiも持ち歩かないといけない

あまり荷物を持ちたくない人にはデメリットですが、ポケットWiFiは手のひらサイズなので筆者が使っている感じでは特に気になる事はありません。

強いて言えば、たまに家に忘れてしまう事があるのが地味に痛いです。(最近は少しずつ減ってきました)



ポケットWiFiの4つのメリットとは?

ポケットWiFiは以下4つのメリットがあります。


①最短で即日利用できる

申し込みから最速で当日、遅くても1週間程度から利用できます。


②契約方法や利用方法が超簡単

ネットから3分程度で契約でき端末が郵送されます。

端末を受け取った後は『電源を入れるだけ』で利用できます。


③持ち運びをして利用できる

通勤電車で映画を見たい!』『外出時もパソコンを使いたい!』などを叶えてくれます。


④auや固定回線と比較して料金が安い

月5,000円程度は安くなると言うことをお伝えしました!



【重要】あなたが契約すべきポケットWiFiを選ぶ際に確認すべき3つのポイント

ドコモのギガホよりもポケットWiFiがおすすめだと解説しましたが、ポケットWiFiは30社以上が様々なプランで販売しています。
その中からあなたが契約すべきポケットWiFiを選ぶ方法を説明します。


  1. 『利用期間の総合計金額』で比較する
  2. 『通信量』で比較する
  3. 『その他のこだわり』で比較する

それでは順に見ていきます。


①『合計金額』を比較する

ポケットWiFiを契約する際は、『月額料金』だけで決めるのではなく、『利用する期間』の、『初期費用』・『端末代』・『解約金』等全ての料金を含めた合計金額で判断しましょう。
ポケットWiFiの中には、月額が安いのに初期費用等が超高額な場合などあるので注意しましょう。


②『通信量』を比較する

ポケットWiFiの契約を考えている方は、通信量がどの程度利用できるのかを悩んでいると思います。
ポケットWiFiは30社以上が月10GB以下〜無制限まで様々なプランを行っています。
基本的には無制限がおすすめですが、中には通信量は必要ないからとにかく安くしたいという方もいらっしゃると思います。


③『その他のこだわり』で比較する

通信量・料金である程度おすすめのポケットWiFiが見えてきますが、さらにこだわりたい人は以下の基準も考慮しましょう。


1 海外で利用できるか比較する

ポケットWiFiの中には、国内・海外共に利用できる便利なポケットWiFiがあります。
海外旅行や出張が多い方には非常に便利です。


2 解約金が無いか比較する

ポケットWiFiは基本的に数年契約であり、途中での解約は解約金が発生してしまいます。
しかし中には契約期間に縛りがないポケットWiFiもありますので、数ヶ月利用予定の方にはおすすめです。


3 通信エリアが広いか比較する

ポケットWiFiの中には、3キャリア(au・docomo・SoftBank)の4G回線が全て利用できるものがあります。
田舎や山間部にお住まいで、電波が届くか心配な方には特におすすめできます。


以上がポケットWiFiを選ぶ基準になります。
選ぶ基準を解説していきましたが、『自分で30社以上も比較して行くのが大変』と思った方も多いと思います。
そんな方のために、筆者が全30社を超えるポケットWiFiのデータを集めて、『条件別に検索できる機能を作成しました!』
あなたが1番契約すべきおすすめのポケットWiFiを見つけたい方は、以下のリンクから確認してみてください!



まとめ

  • ドコモのギガホプランは、双方とも通信量を多く使うためのものであるが、値段と通信量を比べると断然にポケットWiFiがお得である。
  • ポケットWiFiにも注意点が存在するので注意が必要。
  • ポケットWiFi購入するのであれば、確認ポイント3つに注意。

いかがでしょうか。この記事では、ドコモのギガホプランについて解説していきました。

結論として、ポケットWiFiの方が1年で4万円以上安くなり通信量も無制限で使えるということが分かりました。

先ほど載せたリンクから、格安で通信量を無制限で利用できるポケットWiFiを探してみよう!

Author

馬場 三郎
WIMAX業界に携わってはや4年目。WiMAXの代理販売をしていた知識を活かし、表裏のない情報や本当にお得なWiMAXプロバイダの紹介など、いちWiMAXユーザーとしてフラットにお伝えしていきます。趣味はフットサルで、異名はゲームの影の支配者(自称)です。