1. HOME
  2. 各ポケットWiFiの解説記事
  3. ドコモのポケットWiFiを一切おすすめできない理由を超シンプ...

ドコモのポケットWiFiを一切おすすめできない理由を超シンプルに解説

この記事は要するに...
  • 最新のドコモポケットWiFi料金
  • 注意点は、『高額すぎる・過大な広告・解約金が高額』
  • メリットは、ドコモユーザーは割引が利くこと
  • ポケットWiFiを選ぶ際は、『通信量・回線・料金』を確認すること

4月6日最新、ポケットWi-Fi47プランからおすすめポケットWi-Fiを検索!詳しくは、【4月6日最新】あなたにおすすめのポケットWiFiを検索・比較できるサイトへ!

結論から言いますと、ドコモでポケットWiFiを契約することはとても高額なので全くおすすめすることができません。

しかしながら、ドコモのポケットWiFiに関して以下のような疑問が湧くと思います。

「ドコモのポケットWiFiの最新料金を知りたい!?」
「ドコモユーザーにはおすすめなの?」
「ドコモ以外におすすめのポケットWiFiを探して欲しい!」

今回この記事では、そんなドコモのポケットWiFiに関して超シンプルに解説をしていきます。
ドコモのポケットWiFiに詳しくなった上で、他のポケットWiFiと比較していきましょう。

※今回紹介するドコモのポケットWiFiだけでなく、20社以上からあなたにおすすめのポケットWiFiを検索する機能を開設しました!
『通信量』『月額料金』『契約期間』等から検索することが可能なページが以下のリンクにあるので興味がある方はご確認ください!




ドコモの最新料金を分かりやすくまとめてみた

ドコモが販売しているポケットWiFiの料金を最新情報でまとめてみました。
プランごとの料金別でまとめていますのであなたにおすすめのポケットWiFiなのか、是非参考にしてください!

docomoロゴdocomo

    詳細情報を見る

docomo1つのメリット

  • ドコモユーザーは契約しているスマホと通信量をシェアできる

docomo3つのデメリット

  • 他社ポケットWiFiと比較して高額すぎる
  • 過大な宣伝を行っている
  • 解約金は実は高額

以上がドコモのポケットWiFiの最新料金等になります!次はドコモのポケットWiFiをおすすめできない理由を解説していきます。



ドコモのポケットWiFiでの契約をおすすめできない3つの理由

結論から言いますと、ドコモのポケットWiFiをおすすめできない理由は以下3つあります。


  1. 他社ポケットWiFiと比較して高額すぎる
  2. 過大な宣伝を行っている
  3. 解約金も実は超高額!

それでは順に詳しくみていきましょう!


①他社ポケットWiFiと比較して高額すぎる

ドコモのポケットWiFiは他社ポケットWiFiと比較して高額すぎます
ポケットWiFi大手の『mugenWiFi』とドコモを比較してみました。


ここで特に注目して欲しいのは、通信量です。
どんなときもWiFiは無制限なのに対して、ドコモは30GBまでです。
料金も高額かつ通信量でも劣っています。

料金と通信量だけでも既に、ドコモのポケットWiFiはおすすめすることはできません。


②過大な宣伝広告を行っている

出典: https://www.nttdocomo.co.jp/

上記はドコモの料金プランに関する表記です。月額4,980円〜と表示がありますが、この金額で利用するためには、以下3ステップの割引が必須です。


料金割引について

1 ギガホ割

ドコモのポケットWiFiを契約する全ての人が、利用開始から半年間は1,000円割引になります。


2 固定回線とのセット割引

固定回線にと通信契約のセットである「ドコモ光」の利用者は、利用期間中は1,000円割引になります。

※固定回線を利用する為には、別途3,500円〜7,000円程度かかります。


3 家族割引

家族でドコモと契約している人が2人いたら500円、3人以上で1,000円の割引になります。


この3つの割引が全部適応された場合に限り、4,980円なのです。1年おトク割が半年間のみだけ&他の割引は受け辛いので最安値ではほぼ利用できないと考えていいでしょう。


③解約金が高額

ドコモのポケットWiFiは2年契約と宣伝していますが、実質は3年間利用しないと解約金を支払うシステムとなっています。
この言葉の意味がわからないと思いますが、以下2種類の解約金が発生すると考えてください。


1 通常の解約金

ドコモのポケットWiFiは、2年契約の途中で解約した場合は1,000円の解約金がかかります。
これは他社ポケットWiFiと変わらないことですが、問題は次です。


2 端末代金の残高

ドコモでポケットWiFiを契約する際は、27,000円程度の端末代金を3年間の分割で払い続けます。
要するに、2年契約を終えて解約したとしても端末代金の残額分を請求されるのです。


以上から『実質3年契約である』という意味をお分かりいただけると思います。
他社ポケットWiFiは基本的に『端末代金』はかかりませんので、ドコモのポケットWiFiがおすすめできないことがお分かりだと思います。



ドコモのポケットWiFi唯一のおすすめポイント

ドコモのポケットWiFiは高額なのでおすすめできないとお伝えしましたが、強いておすすめポイントを挙げるとすれば以下の1つでしょう!


①ドコモユーザーは契約しているスマホと通信量をシェアできる

※ドコモユーザーのみに関係している話なので、契約者以外は飛ばしてください!
ドコモユーザーは、月額1,000円+端末代金(27,000円程度)でポケットWiFiを利用することができます。
しかしながら、スマホの通信量とシェアなのでポケットWiFiの通信量を使い過ぎるとスマホもポケットWiFiも通信制限にかかります。
通信量をシェアするのであればポケットWiFiとしての存在意義があまり感じられないであまりおすすめではありません。


※今回紹介するドコモのポケットWiFiだけでなく、20社以上からあなたにおすすめのポケットWiFiを検索する機能を開設しました!
『通信量』『月額料金』『契約期間』等から検索することが可能なページが以下のリンクにあるので興味がある方はご確認ください!


最後に、全20種類以上あるポケットWiFiからあなたにおすすめのポケットWiFiを選ぶ基準を解説して終わります。



あなたが契約すべき短期契約ポケットWiFiを選ぶ方法

ドコモのポケットWiFiはおすすめできないと説明しましたが、多数あるポケット WiFiからあなたが契約すべきおすすめのポケットWiFiを選ぶためには、以下3つの基準を参考にすると完璧です。


  1. 『通信量』を比較する
  2. 『回線(通信エリア)』で比較する
  3. 『合計金額』で比較する

①『通信量』を比較する

ポケットWiFiの契約を考えている方は、通信量がどの程度利用できるのかが重要だと思います。
ポケットWiFiは20社以上が月10GB以下〜無制限まで様々なプランを行っています。
基本的には無制限がおすすめですが、中には通信量は必要ないからとにかく安くしたいという方もいらっしゃると思います。
通信量と料金の兼ね合いで考えましょう。


②『回線(通信エリア)』で比較する

ポケットWiFiは以下4つの回線から選択することになります。


1 クラウドSIM

au・ドコモ・ソフトバンクの3回線が利用でき、最も通信可能エリアが広いです。最新の機能であり最もおすすめの回線です。


2 WiMAX回線

WiMAX独自の回線です。ポケットWiFiの中では高速ですが、田舎等では利用できないエリアがあります。


3 ドコモ回線

ドコモの回線なので通信可能エリアは広いのですが、メイン回線では無いので速度にやや懸念があり評判が悪いです。


4 ソフトバンク回線

ソフトバンクの回線なので通信可能エリアは広いのですが、メイン回線では無いので速度にやや懸念があり評判が悪いです。


以上の4つから選択することになります。


③『合計金額』を比較する

ポケットWiFiを契約する際は、『月額料金』だけで決めるのではなく、『初期費用』・『端末代』・『解約金』等全ての料金を含めた合計金額で判断しましょう。
短期契約のできるポケットWiFiの中には、月額が安いのに初期費用等が超高額な場合などあるので注意しましょう。
以上のことを踏まえて、別ページでは20社を超えるポケットWiFiからあなたにおすすめの物を検索できる機能を用意しました!
興味がある方は、以下のリンクから自分にあったポケットWiFiを検索してみてください。



まとめ

  • ドコモのポケットWiFiは『高額・過大宣伝・解約金高額』なのでおすすめできない。
  • ドコモユーザーにも特におすすめできない。
  • ポケットWiFiを選ぶ際は、『通信量・回線・合計料金』を基準にする


Author

馬場 三郎
WIMAX業界に携わってはや4年目。WiMAXの代理販売をしていた知識を活かし、表裏のない情報や本当にお得なWiMAXプロバイダの紹介など、いちWiMAXユーザーとしてフラットにお伝えしていきます。趣味はフットサルで、異名はゲームの影の支配者(自称)です。
MENU