1. HOME
  2. 各ポケットWiFiの解説記事
  3. 【ポケットWiFi】KINGWifiを忖度なしに解説。契約を...

【ポケットWiFi】KINGWifiを忖度なしに解説。契約をおすすめできるのか?

この記事は要するに...
  • KINGWiFiは数種類のプランから自分にあった通信量を選ぶことができる
  • KINGWiFiの最新料金を分かりやすくまとめました
  • 『契約期間に縛りがある』等5つのデメリットがある

4月3日最新、ポケットWi-Fi47プランからおすすめポケットWi-Fiを検索!詳しくは、【4月3日最新】あなたにおすすめのポケットWiFiを検索・比較できるサイトへ!

結論から言いますと、KINGWiFiは 2020年4月現在通信量を『実質』無制限で利用できるポケットWiFiとなっています。

しかしながら、KINGWiFiは実際はおすすめのポケットWiFiなのでしょうか?

「KINGWiFiのメリット、デメリットを知りたい」
「KINGWiFiの2020年4月現在最新の料金等を分かりやすくまとめて欲しい」
「KINGWiFiを実際に契約した感想などを知りたい。」
「KINGWiFiを客観的な意見でおすすめなのか教えて欲しい!」

今回この記事では、そんなKINGWiFiに関して実体験に基づいて解説をしていきます。
KINGWiFiに詳しくなった上で、他のポケットWiFiと比較していきましょう。

※今回紹介すKINGWiFiだけでなく、20社以上からあなたにおすすめのポケットWiFiを比較・検索する機能を開設しました!
『通信量』『月額料金』『契約期間』等から、あなたにおすすめのポケットWiFiを検索することが可能なページが以下のリンクにあるので興味がある方はご確認ください!




【簡単にまとめ】KINGWiFiの注意点3つを先に契約前に確認しておこう

KINGWiFiは、通信量を安く利用できるおすすめのポケットWiFiですが、いくつかデメリットが存在しています。
契約前に簡単に確認しておきましょう。(※後ほど簡単に解説していきます。)

①クーポンを利用し忘れると高額

→クーポンを利用していないと月額1,500円程度高額になってしまいます。


②回線がソフトバンクの1回線しか利用できない

→最近は3キャリア(au,docomo,softbank)の回線が利用できるポケットWiFiも出ているので、KINGWiFiはややデメリットです。


 

③通信量に関する曖昧な表現に注意

→通信量がどれだけ利用できるのか記載がありません。


④有料オプションの加入義務

→600円/月程度の有料オプションに加入する義務があります。


⑤KINGWiFiよりも高性能で安いポケットWiFiが多数ある

→契約期間に縛りがなく、高性能で安いポケットWiFiが存在しています。


まずは簡単にまとめましたが、後ほど詳しく解説していきますので安心をしてください。
次はKINGWiFiの料金や特徴など概要を最新情報でチェックしていきましょう。


1分で分かるKINGWiFiの料金やキャンペーン、解約金などの基礎知識!

ポケットWiFiの中で、複数のプランから選択できるをという特徴を持ったKINGWiFiですが、一体どのようなプラン等を行ってるのでしょうか。
まずは、KINGWiFiとは?といった部分から特徴までみていきます。

KINGWiFiの運営会社は?

KINGWiFiは株式会社GLANZという大手通信会社が販売しています。
まずは4月最新の、料金等をみていきましょう。


4月の最新料金

KINGWifiロゴKINGWifi

    詳細情報を見る

KINGWifi1つのメリット

  • 契約期間に縛りがない

KINGWifi5つのデメリット

  • クーポンを利用しないと高額
  • 回線がソフトバンクしか利用できない
  • 通信量に関する記載が曖昧
  • 有料オプションの加入義務がある
  • KINGWiFiよりも安価で高性能なポケットWiFiがある

以上が4月最新、KINGWiFiの運営会社やプランの情報になります。



詳しく確認KINGWiFiの5つのデメリットとは

先ほど簡単にまとめましたが、KINGWiFiには以下5つのデメリットがありますので契約前にご確認をお願いします。


①クーポンを利用しなかった場合高額

出典: https://www.king-wifi.net/

上記の画像は公式ホームページ内にある料金シュミレーションページです。
印でつけた場所に、クーポンコードを記入しないと高額で契約することになってしまいます。
料金を確実に割引できないようなポケットWiFiはあまり信頼できないので注意しましょう。


②ソフトバンク回線しか利用できない

出典: https://www.king-wifi.net/

KINGWiFiはソフトバンクLTEの回線を利用しているポケットWiFiです。
一見、『ソフトバンクLTE回線を利用できるなんてメリット!』と思われる方は多いと思います。
しかしながら、他社ポケットWiFiには3キャリア(au,docomo,softbank)の回線が利用できるポケットWiFiも存在しています。
田舎や山間部に住んでいて、電波が届くか心配!という方にはややデメリットでしょう。


③通信制限が存在している

出典: https://www.king-wifi.net/

上記のように宣伝されていいますがホームページ下部には小さい注意書きがありました。

出典: https://www.king-wifi.net/

『大量の通信をご利用される一部のお客様に対して通信速度の制御を実施いたします。』と書いてあります。
大量とは何GBまで利用できるのかが結局わかりません。
最近は通信量が完全無制限のポケットWiFiが主流なので、通信量に関して曖昧な記載があるKINGWiFiはデメリットとなります。


④有料オプションの加入義務がある

出典: https://www.king-wifi.net/

KINGWiFiには以下2つのオプションが存在しています。


キングセキュリティー(600円/月)

端末の紛失・故障があった時に無料で新しい端末へ5,000円で交換してくれるオプション。


ウイルスセキュリティー(500円/月)

ウイルス対策ソフトです。。


KINGWiFiで契約する際はいずれかのオプションを強制で加入させられます。
契約直後に解約することは可能ですが、解約を忘れた場合は、余計に毎月500円程度支払うことになりますので注意してください。
無駄なオプションにお金を払い続けてきたとなりかねないので注意しましょう。


⑤KINGWiFiよりも高性能なポケットWiFiを販売している他社の方が圧倒的におすすめ

KINGWiFiはポケットWiFiの端末を代理で販売している代理店の1つにすぎませんので、他社で契約することをおすすめします。
様々な性能を持つポケットWiFiを様々な企業がそれぞれの値段で販売しているのです。
その中でKINGWiFiは全く同じポケットWiFiを販売する20社以上の代理店と比較した場合、低性能で高額ですので契約はおすすめできません。
さらに高機能でより安く契約できる販売代理店を探すことをおすすめします。


KINGWiFiのデメリットを見ていきましたが、『じゃあどのポケットWiFiがおすすめなのか?』と疑問に思った人もいらっしゃると思います。
筆者がポケットWiFiの契約で失敗した経験から、あなたのために20社以上からおすすめのポケットWiFiを簡単に検索・比較する機能を開設しました!
『通信量』『月額料金』『契約期間』等から、あなたにおすすめのポケットWiFiを検索・比較することできるので、興味がある方は以下のページから。



【詳しく解説】1個のKINGWiFiおすすめポイント

上記でも簡単に述べましたが、ここからは具体的な情報や他社のとの比較も交えて、KINGWiFiのおすすめポイントを解説していきます。


①契約期間に縛りなしである

KINGWiFiは『契約期間に縛りがありません』
つまり『いつ解約しても解約金がかからない』ということです。
数ヶ月間だけポケットWiFiを利用したい方には若干おすすめできます。



KINGWiFiでの契約をおすすめする人・おすすめしない人

多数あるポケットWiFiと比較して、KINGWiFiを契約すべき人・すべきでない人をまとめていきます。


KINGWiFiでの契約をおすすめできない人

①海外でも利用したいと考えている方

→他のポケットWiFiでは海外でも利用できる端末が存在しています


②通信量を完全無制限で利用したい方

→通信量が完全無制限なポケットWiFiは多数存在しています。


③田舎や山間部にお住まいで電波が届くか心配な方

→大手3キャリアの回線が利用できるポケットWiFiが存在していると説明しました。


④さらに高性能かつ安価でポケットWiFiを利用したい方

→大手3キャリアの回線が利用できるポケットWiFiが存在していると説明しました。


今回、KINGWiFiのみを解説していきましたが、別のページではポケットWiFi全20社を検索・比較できる機能を用意しています。
『通信量』『料金』『利用年数』から、あなたにおすすめのポケットWiFiが見つかります!詳しくは以下のリンクから!



まとめ

KINGWiFiのおすすめポイント1つ

  1. 契約期間に縛りがない

KINGWiFiのデメリット5つ

  1. クーポンを利用しないと高額
  2. 回線がソフトバンクしか利用できない
  3. 通信量に関する記載が曖昧
  4. 有料オプションの加入義務がある
  5. KINGWiFiよりも安価で高性能なポケットWiFiがある

今回1種類のポケットWiFiのみを解説していきましたが、別のページではポケットWiFi全20社を検索・比較できる機能を用意しています。
興味がある方は以下のリンクから、以下のリンクから自身にあったポケットWiFiを見つけてみてください。

Author

馬場 三郎
WIMAX業界に携わってはや4年目。WiMAXの代理販売をしていた知識を活かし、表裏のない情報や本当にお得なWiMAXプロバイダの紹介など、いちWiMAXユーザーとしてフラットにお伝えしていきます。趣味はフットサルで、異名はゲームの影の支配者(自称)です。
MENU