引越しするとき光回線の契約はどうなる?注意点を全て解説

この記事は要するに...
  • 光回線契約中に引っ越す方は2つのタイプに分かれる!
  • 『①契約している回線をそのまま引越し先でも利用する人』『②解約して新しい契約をする人』
  • 引越しの際の注意点は6つあるので注意しましょう。
  • 新規に光回線を契約したい方は、トレンドWi-Fi限定機能を利用しよう

8月5日最新、ポケットWi-Fi47プランからおすすめポケットWi-Fiを検索!詳しくは、【8月5日更新情報】全40社からおすすめポケットWiFiを検索・比較できる限定サイトへ!

光回線を契約している方が引越しをする際は、どのようにな契約手続きを行ばいいのでしょうか?
光回線を日々研究する筆者が、引越しに関して以下のような疑問を解決していきます。

「光回線を契約しているが引っ越すのだがどうすればいいの?」
「引っ越す際の注意点や手続き方法を詳しく解説してほしい!」
「引越し先でおすすめの光回線はどのように調べればいいのだろう?」

この記事ではこのような疑問や要望に関して、実際に光回線の引越しを経験した筆者が解説していきます。
光回線を契約していて引っ越す方には必読の記事となっていますので是非確認ください!



そもそも光回線契約中にを引越しする方は2つのタイプに分かれる

光回線契約中に引越しをする方は、2つのタイプにわかれます。
自身がどちらにあてはまるタイプなのか確認しましょう!


①引越し先でも同じ回線をそのまま利用する方

引越し先で契約してる回線をそのまま利用する方は、少しの費用で移転できます。
多くの方はこちらに当てはまるのではないかと考えています。


②別エリアに引っ越すので、新規の回線契約が必要な方

関東→中部等、全く異なる地方に引越しを行うと、利用できる回線もガラッと変わっています。
遠くへ引越しをされる方は新規で契約をする必要があります。


以上の2パターンになります。あなたはどちらに当てはまるのでしょうか?
契約している光回線が引越し先で利用できるかどうかは、現在契約しているプロバイダ等に確認すると分かります。
こちらを踏まえた上で引っ越す際の注意点を確認していきましょう!



光回線の引越し手続きはどんな感じ?

光回線の契約中に引越しを行う場合の手続きを簡単に説明していきます。
実際に引越しを予定している方はご確認ください。
特に難しい手続きはありませんので、以下のステップ通りに行っていきましょう。


①引越しの日時・場所を契約先に連絡する

引っ越しが決まった後なるべく早くだと望ましいのですが、まずは契約先に引っ越す旨を伝えましょう。
引越し先でも同じ光回線を利用できるのか確認をしてくれます。
引越し先で利用できないことが判明した場合は、違約金・分割した工事費の残債を支払うことになるので注意しましょう。


②ルーターを返却もしくは引越し先に持参

契約先に引越しの旨を伝えると、ルーターは返却するのか引越し先へ持参していいのか確認してくれます。
返却の指示があったにも関わらず返却しなかった場合は、数万円程度の料金がかかってしまうので注意しましょう!


③引越し先での工事を行う

光回線はもちろん引越し先でも工事を行う必要があります。
工事費及び、工事を実施するまでの時間が必要ですので注意しましょう。中には引越し先の料金が無料になるプロバイダも存在していますので予め確認しておきましょう。


以上が引越しを行う際の手続き一覧となっています。
※プロバイダによっては手続き内容が異なる場合がありますので、確認していきましょう。
次は、光回線契約中に引っ越す場合の注意点を確認していきます!



光回線を契約中に引越しを行う際の6つの注意点

光回線を契約している方が引越しをする場合は、以下★つのことに気を付けましょう!
それでは順番に確認をしていきます!


①解約することになった場合は、高額な解約金に注意

光回線を引っ越し先で利用できなかった場合は、解約する必要があるのはご理解いただけると思います。
ただ、注意点が一点ありまして、高額な解約金が発生してしまう恐れがあるということです。
上記の画像の場合は、解約金が設定されているのに加えて工事費を分割した残債を支払う必要があります。
ただ、乗り換え違約金負担キャンペーンを行っているプロバイダもいくつかあります。
解約金が高額な場合は検討してみましょう。


②マンションよりも戸建ての方が料金は高額

出典: https://gmobb.jp/service/docomohikari/

これは避けようのないことですが、マンションよりも戸建ての方が料金が高額に設定されています。
上記画像の通り、数千円程度も高額です。
マンションから戸建てに引っ越す場合は予め確認しておきましょう。


③引越しの日程が決まったら早めに工事の予定を決めましょう

光回線の工事は、2週間〜3ヶ月程度も時間がかかります。
つまり予め引越し先の工事を予約しておかないと、引っ越した先であまり回線を利用することができません。
回線をしばらく利用できないのは中々不便ですので注意しましょう!


④引越し先にも工事費がかかるので注意

解約をする場合は解約金がかかると説明しましたが、引越しにも費用がかかります。
同じようなエリアに引っ越す場合は10,000円以下で工事ができる場合が多いのですが、30,000円程度かかる可能性もあります。
引っ越し先の工事費はほぼ必ずかかりますので注意しましょう。


⑤引っ越し先の工事費や解約金が嫌な場合は、乗り換え無料キャンペーンを活用しよう

出典: https://www.softbank.jp/

ここまで、解約金や引っ越し先の工事費にが注意だと説明しましたが、『乗り換え時に解約金等を負担してくれるキャンペーン』を利用する方法もあります。
現在契約している他社から、新しい回線に乗り換える場合に限り解約金等を負担してくれるのです。
回線を新しくしたい&解約金に悩んでいるという方は活用しましょう!


⑥引っ越しを頻繁に行うけどどうしたらいいの、、、?

結論から言いますと1年以下の間隔で引っ越しを行う方には、光回線をおすすめしていません。
引越しの度に手続きを行う&解約金や工事費もかかってしまうからです。
そんな方には、ポケットWiFiの1種である『WiMAX』での契約をおすすめします!
WiMAXを契約した場合は、持ち運びができるのでどこでも利用することができます。
ただ速度は光回線程ではないので、満足いく速度が予め検証しておきましょう。(無料で体験できるサービスもあります。)
WiMAXの最もお得な契約方法に関しては以下のリンク先でまとめていますので、興味あれば確認ください!



以上で光回線を契約中に引っ越しをすることになった場合の手続きを解説を終わります。
ただ、光回線を新たに契約し直す方は、あなたにおすすめの光回線を探す必要性があります。
最後に、あなたにおすすめの光回線を検索する方法を解説していきます!


まとめ

  • 光回線契約中に引っ越すのは、継続するか解約するかの二択
  • 引越しの注意点は6つありますので確認しましょう!
  • 光回線を契約する際は、トレンドWi-Fi限定機能を利用しよう!


Author

馬場 三郎
WIMAX業界に携わってはや4年目。WiMAXの代理販売をしていた知識を活かし、表裏のない情報や本当にお得なWiMAXプロバイダの紹介など、いちWiMAXユーザーとしてフラットにお伝えしていきます。趣味はフットサルで、異名はゲームの影の支配者(自称)です。

コメント一覧

MENU