1. HOME
  2. モバイルWiFi比較
  3. 【体験談】縛りなしWiFiを契約して分かった、意外な2つのメ...

【体験談】縛りなしWiFiを契約して分かった、意外な2つのメリットと5つのデメリットとは!

この記事は要するに...
  • 縛りなしWiFiのメリット2つとデメリット5つとは?
  • そもそも縛りなしWiFiってなんなの?
  • 縛りなしWiFiに向いてる人とは?
  • 長期間モバイルWi-Fiを利用したいならWiMAXにしよう!

「最近発売された、縛りなしWiFiってどうなの?」
「ネットに悪い評判がいっぱいあるから心配」
「実体験に基づいた意見を知りたい!」

このような考えをお持ちである方は多くいらっしゃると思います。

この記事では縛りなしWiFiのメリット・デメリット、知っておくべき注意点、11月のおすすめなモバイルWi-Fi等を、誰にでも分かりやすくシンプルに解説をしていきたいと思います。

筆者は、実際に縛りなしWiFiの契約・解約を経験済みなので、よりリアルな情報をお届けられると思いますのでぜひご覧ください。



【結論】縛りなしWiFiのメリット・デメリット

出典: https://shibarinashi-wifi.jp/

結論から先に述べさせていただきます。縛りなしWiFiのメリット・デメリットは以下の通りになります。


縛りなしWiFiの2つのメリット

①月額料金が安い!

事務手数料等の余計な出費がなく、非常にシンプルな料金体系です。


②契約期間に縛りがない

名前の通りですが、契約期間の「縛りなし」です。好きなタイミングで違約金なしで解約ができます。



縛りなしWiFiの5つのデメリット

①最新機種を利用することができない

古い機種を利用することで、「縛りなし」を実現していると考えられます。


②端末を選ぶことができない

どの端末が当たるかは、運任せになっています。


③端末を紛失・故障させた際の、弁済金が超高額

約4万円の弁済金です。数ヶ月しか利用していないのに、払うことになったら泣きますね。


④通信制限は存在する

「月間通信制限なし」を謳っていますが、3日で10GBもしくは1日3GBの通信制限があります。


⑤最低1ヶ月の利用が必須である

1ヶ月間の利用が必須なので、数日で解約することはできないそうです。


簡単ですが、縛りなしWiFiのメリット・デメリットをまとめました。

後ほど詳しく解説をしていきますが、このことを念頭に置いていただいた上で縛りなしWiFiの特徴等を解説していきたいと思います。


【実体験】縛りなしWiFiを契約してからすぐに解約してみた

これから縛りなしWiFiを契約することを検討している人もいるかと思いますので、既にモバイルWi-Fiを所持している筆者が、体を張ってレポートさせていただきます。

それでは時系列に沿って解説をしていきます。


2019年6月19日20時35分 - 縛りなしWiFiの公式ページから申し込み

縛りなしWiFiには、縛りなしプランと縛っちゃうプランがありますが、今回は縛りなしプラン & 有料サポート・モバイルバッテリーなし、で申し込みました。

実際に申し込んでみて感じたのは下記の2点です。

  • メリット: 配達予定日が選べる。
  • デメリット: 端末の種類が選べない。

意外に端末の配達予定日が選択できるモバイルWi-Fiが他にないため、忙しい方にとっては大きなメリットであると感じました。

逆に端末は届くまでどの端末か分からないため、少し不安ではあります。


2019年6月23日お昼頃に - 端末が到着

申し込みから4日後に端末が届きました!

届いた端末は、公式サイトに載っていないFUJISOFTのF030Wという機種でした。


2019年7月10日11時48分 - 速度調査(in横浜)

数回測って約20Mbpsと悪くなく、SNSの使用も問題なく、Youtubeの動画も快適に見れる速度でした。

この速度がどのくらいかについて詳しくは【実測!】WiMAXの速度はどのくらい。au・格安スマホと比べてどう?をご覧下さい。


2019年6月30日22時40分 解約の旨をメールで連絡

縛りなしWifiでは実際に解約する前の月に解約の申し込みをする必要があります。

今回は7月末までの利用ということで、6月の末(ギリギリ)にメールにて解約の申し込みをしました。


2019年7月1日11時46分 解約受付メールを受信

縛りなしWiFiの端末はレンタルなため、契約終了時に返送する必要があります。

解約受付メールも「追跡できる形で8月5日までに端末が返送先に到着するように送って下さい」との事でした。

到着日時が8月5日と、7月の最後まで使えるようになっていたり、追跡可能な配送の一覧が記してあったりと、良心的だなと感じました。

追跡可能な返送方法の例

  • 佐川急便(飛脚宅配便・飛脚ジャスト便)
  • ヤマト運輸(宅急便・宅急便コンパクト)
  • 日本郵便局(レターパックプラス・ゆうパック)

2019年7月9日12時00分 ゆうパックにて端末を返送

自宅近くに郵便局があったため、ゆうパックでの返送

特に手間がかかることもなくスムーズに返送することができました。

以上で私が実体験したレビューになります。契約までの流れや実際に使ってみた速度など全体を通してとてもよいモバイルWi-Fiだと感じました!

それではここから縛りなしWiFiのメリット・デメリットについて詳しい解説をしていきます。


縛りなしWiFiの2つのメリット

簡単にメリット・デメリットについてまとめましたが、ここから詳しく解説をしていきます。まずは2つのメリットについて見ていきましょう。


①月額料金が安い!

縛りなしWiFiは、他のモバイルWi-Fiと比較して、月額料金がお得です。

他のモバイルWi-Fiと比較したグラフが以下の通りです。

モバイルWi-Fi比較
契約年数
月額
通信量
通信エリア
最大速度
評判
WiMAX
3年
3,287円
3日(10GB)
広いが一部拡大中
どんなときもWiFi
2年
3,480円
無制限
広い
※縛りなしWiFi
1ヶ月〜
3,300円
3日10GB or 1日3GB(端末による)
広いが一部拡大中
※フジWiFi
1ヶ月〜
6,000円
無制限
広い
ネクストモバイル
2年
4,310円
月50GB
広い
ワイモバイル
3年
3,696円
月7GB
広い
ソフトバンク
2年
4,196円
月7GB
広い
※ドコモ
2年
9,900円
月30GB
広い
Loading...
※様々なプランが存在しているので最も通信容量の多いプランを掲載しています。詳しく各記事で解説しています。

また初期費用等の余計な出費がないために、毎月の支払額がわかりますので安心してすることができますね。


②契約期間に縛りがない

契約期間に縛りがないことは以下の3点がメリットであると言えるでしょう。


1. 解約金が存在しない

契約期間が存在しませんので途中で解約するという概念がありません。そのためお分かりだとは思いますが、解約金が発生することがありません。

参考程度に、モバイルWi-Fiの中で最大手であるWiMAXの解約金を載せておきます。

契約月数
WiMAX
1〜12ヶ月目
19,000円
13〜24ヶ月目
14,000円
24〜36ヶ月目
9,500円
37ヶ月目(更新月)
無料
38ヶ月目〜
9,500円
Loading...

2. 契約後に満足いかなかった場合のリスクが少ない

端末がご自宅に到着した後に「実は電波が届きませんでした。」となったとしても、3,300円の損失で済みます。他のモバイルWi-Fiで長期契約を結んで解約をした場合、高額な解約金が発生します。


3. 自分の都合に合わせた契約ができる

契約期間がありませんので、自分の都合に合わせて利用することができます。

例えば、引っ越し直後に回線がない場合に埋め合わせとして利用できます。


以上の2つが縛りなしWiFiのメリットであると言えるでしょう。

次は逆に縛りなしWiFiで契約するデメリットを見ていきます。


縛りなしWiFiの5つのデメリット

①最新機種を利用することができない

例えばWiMAXであると、1世代前のwx05もしくはそこからさらに2世代前のw04しか利用することができません。

最新機種であるw06とスペックを比較すると以下の通りです。

性能比較
W06
WX05
W05
発売時期
2019年1月25日
2018年11月11日
2018年1月19日
下り最大通信速度
1237Mbps
440Mbps
558Mbps
上り最大通信速度
75Mbps
75Mbps
112.5Mbps
バッテリーの持ち(ハイパフォーマンスモード)
7.1時間
8時間
6.5時間
バッテリーの持ち(エコモード)
11.6時間
14時間
10.5時間
重量
125g
128g
131g
Loading...

しかし、短期的に利用する人にとってはあまりデメリットではないでしょう。

②端末を選ぶことができない

2019年11月現在、縛りなしWiFiでは以下の端末を利用することができます。

出典: https://shibarinashi-wifi.jp/

基本的に上記の4種類からランダムで、どの端末が利用できるかは実際に手元に届くまで分かりません。ある意味ワクワクしますね。

ちなみに私が契約した際は上記の一覧に載っていない端末でしたが、速度やバッテリーの持ちには問題ありませんでした。

③端末を故障・紛失した場合の弁済金が非常に高額

端末を故障・紛失した場合39,800円(税抜)の弁済金がかかってしまいます。

1ヶ月しか利用をしていないのに弁済金を発生させてしまったら、悲しいどころではありません。

心配な方は、月額500円でサポートに入れますので加入をしましょう。(加入するとあまりお得ではなくなってしまいますが、、、)


※自然に壊れた場合など、契約者に非がない故障は弁済金の対象外ですので安心してください。(自分の責任でないことを証明する方法が気になりますが)


④通信制限は存在する

公式ホームページにはこのような記載があります。

出典: https://shibarinashi-wifi.jp/

『月間通信制限なし』と書かれているものの、小さく書かれている様に実際には通信制限は存在しています。

WiMAXであれば3日で10GB(月で約100GB)、softbankであれば1日3GB(月で90GB)までです。

確かに『月間』の通信制限はありませんが、通信制限自体は存在しますので、大量に通信を利用する予定だった方は、ご注意ください。


⑤最低1ヶ月の利用が必須である

これはデメリットとまでは言えるか際どいところですが、最低1ヶ月以上の利用はしなくてはなりません。

数週間だけ利用したい!などにはいきませんので注意が必要です。


以上が縛りなしWiFiを実際に利用してわかった5つのデメリットです。

デメリットの数が多く、おすすめしていない様に感じてしまうと思いますが契約期間に縛りがないという点は、デメリットを覆す程のメリットになるでしょう。

次に、どんな人に縛りなしWiFiを契約することをおすすめするか、について解説します。


縛りなしWiFiで契約をすべき人はそこのあなただ!

縛りなしWiFiを契約するべき人は下記の3つの項目に当てはまった方です。

①短期間のみモバイルWi-Fiを利用したい人

ほんの数ヶ月(1年以内)だけポケット wi-fiが必要な方は、間違いなく縛りなしWiFiで契約をすべきでしょう。


②最新機種でなくても、モバイルWi-Fiを利用したい人

通信速度等の機能に対して、特にこだわりがない方は縛りなしWiFiがおすすすめです。


③複雑な料金プランを理解するのが面倒な方

縛りなしWiFiの料金は以下の通りです。

出典: https://shibarinashi-wifi.jp/

支払い金額はそれ以下でも、それ以上でもありません。非常にわかりやすい料金プランです。


この条件に当てはまった方は、縛りなしWiFiでの契約をおすすめします。

縛りなしWiFiについて興味を持った方は以下のボタンから公式お申し込みページに飛べるのでぜひご覧ください!

しかしながら、長期間(1年以上)に渡ってモバイルWi-Fiの利用をしたい方には、別のモバイルWi-Fiがおすすめですので解説をしていきたいと思います。


モバイルWi-Fiで最もおすすめなのはWiMAXである

2019年11月現在で、モバイルWi-Fiを契約するのであれば、WiMAXが最もおすすめです。

WiMAXが最もおすすめである理由は以下の4つです。

WiMAXが最もおすすめな理由

  1. 総合計金額が最も安い
  2. 通信可能エリアが広い
  3. データの容量が実質無制限
  4. 通信速度が最速級

それでは詳しく解説をしていきます。

①総合計金額が最も安い

モバイルWi-Fiを利用するにあたってまず気になるであろうことは、月額・容量・速度だと思います。ですので早速上位5社の料金・データ容量・速度をまとめてみました。

※WiMAXは最安値であるJPWiMAXの料金を載せています。

モバイルWi-Fi比較
契約年数
月額
通信量
通信エリア
最大速度
評判
WiMAX
3年
3,287円
3日(10GB)
広いが一部拡大中
どんなときもWiFi
2年
3,480円
無制限
広い
※縛りなしWiFi
1ヶ月〜
3,300円
3日10GB or 1日3GB(端末による)
広いが一部拡大中
※フジWiFi
1ヶ月〜
6,000円
無制限
広い
ネクストモバイル
2年
4,310円
月50GB
広い
ワイモバイル
3年
3,696円
月7GB
広い
ソフトバンク
2年
4,196円
月7GB
広い
※ドコモ
2年
9,900円
月30GB
広い
Loading...
※様々なプランが存在しているので最も通信容量の多いプランを掲載しています。詳しく各記事で解説しています。

補足

下り速度:スマホ等からデータを受信する速度です。EX)動画の閲覧

この表からも、WiMAXが最もお得であるということが分かりました。

モバイルWi-Fiの販売店の多くは「○円キャッシュバック」や、「最大3カ月利用料1,000円」などの広告を載せていますが目先の言葉に騙されないように気をつけてください。

繰り返しますが、最も重要なのは総合計金額です。


②通信可能エリアが広い

WiMAXはギガ放題(3日10GB)プランを利用した際のエリアが十分に広いです。

以下では、先ほど紹介したとおりauのモバイルWi-Fi=WiMAXなので通信可能エリアは共通です。

WiMAX

出典: https://www.uqwimax.jp/wimax/area/

ワイモバイル(青が対応エリア)

出典: https://www.ymobile.jp/area/map/

双方のサービスとも中々広い範囲で利用できますが、WiMAXの通信可能エリアがより広いことが分かります。

現在もエリアを拡大中とのことですが、最も気になるのは自分の住んでいる場所でWiMAXの電波が届くのかということでしょう。エリアの確認方法が2つありますので紹介します。

1. WiMAXホームページのエリア判定を利用する

WiMAXが実際に家で利用できるのか確認する方法はとても簡単です。以下のURLにあるエリア判定マップから、スマホやパソコンで住所を入力して確認すればいいだけです。

https://www.uqwimax.jp/wimax/area/

判定は〇、△、✕の三段階で評価されます。〇だった場合は基本的に安心して利用することが可能です。

※△ ✕判定だった場合は次に解説するTry WiMAX(WiMAXの無料体験)を試してみてください。


2. 完全無料のTRYWiMAX

出典: https://www.uqwimax.jp/wimax/beginner/trywimax/

「エリア判定で結果が出ただけでは、全く信用ならん!実際に端末を使いたい!」このような方に朗報なのがTRYWiMAXです。

TRY WiMAXとは完全無料でWiMAXを2週に渡って体験することができるサービスです。

また、無料体験をしたからと言って、勝手に契約される等のことはありませんので、ご安心して活用することをお勧めします。

※申し込み方法を解説しようと思いましたが、公式サイトが分かりやすく説明しているので、こちらのURLで確認してみてください。

https://www.uqwimax.jp/wimax/beginner/trywimax/

手元にWiMAXが届きましたら、電波の強弱だけでなく、バッテリー・通信速度・デザイン等の確認も併せてしてみてください。


WiMAX以外のモバイルWi-Fiの多くは、体験できるサービスが存在していません。

また、初期契約解除制度があるため、最悪契約した後でも8日以内であれば無料で解約ができます。


③データの容量が実質無制限

先ほどのモバイルWi-Fi比較表の通り、各モバイルWi-Fiで通信量に制限が存在していますが、その中でもWiMAXは制限が緩いです。

スマホを使っている人はよくわかると思いますが、通信制限が頻繁にやってきますよね。

誰でも通信制限になった時のイライラを体験したことはあると思います。

一般的なスマホの平均的なデータ容量は1ヶ月3GB~7GBといったところでしょうか。(筆者は7GBで契約していましたが、よく通信制限にかかったものです。)

そんな中、WiMAXはデータがほぼ使い放題なのです。ほぼというのは、実際には3日間で10GBを超えてはならないからです。

下記が10GBの目安になりますので、ご覧ください。

10GBの目安

  • youtubeなどの動画閲覧40時間
  • メールの送受信10,000通

またもし通信制限にかかってしまっても、制限されるのは翌日の18~2時頃のみ & 制限時もYoutube視聴可能な速度が出るので、実質無制限であると言っても過言ではありません。

補足ですが、WiMAXは実質無制限なので格安SIMと組み合わせて、料金も通信量もお得にすることができます。格安SIMの通信量に困っている方は、WiMAXと組み合わせることで満足のいく契約になることでしょう。

格安SIMとWiMAXの組み合わせについてさらに詳しく知りたい方は(超お得)WiMAXと格安SIMの組み合わせで、月額最大7,000円節約かつ通信量無制限!で解説をしています


④通信速度が最速級

モバイルWi-Fiを販売する5社で最高の通信速度については、先ほどのグラフの通りです。

しかしながら、掲載されている1.2Gbpsなどの速度は理論上の最大速度ですので実際に出ることはほぼ無いです。

しかし、そこまでの速度が出なくても十分動画視聴などが可能なため、心配はいりません。

どのモバイルWi-Fiであろうと通信速度は満足できますが、WiMAXが最速級であることは間違いありません。

以上の4点からWiMAXはモバイルWi-Fiの中で最もおすすめであるということが分かりました。

また集計されたアンケートからランキングが決まるモバイルアワードで2年連続、速度を含む全ての部門で1位を獲得しています!

出典: https://www.rbbtoday.com/feature/mobileaward2017/

ユーザーから料金も質も認められているWiMAXは、モバイルWi-Fi界の王者であると言えるでしょう。

WiMAXが最もおすすめのモバイルWi-Fiであることは分かりましたが、WiMAXを販売するプロバイダは20社以上存在しています。

どのような基準で、契約するプロバイダを決めればいいのでしょうか。契約を構成するプランは3種類ありますので、解説をしていきます。


WiMAXのプロバイダはどのような基準で選べばいいの?

WiMAXを販売するプロバイダ(販売代理店)は20社以上存在しますが、以下の基準に沿ってプロバイダを選べば間違いありません。

  • 3年間の合計金額は安いのか
  • ギガ放題(通信量無制限プラン)は利用できるか
  • 最新機種は利用できるか

以上がお得にWiMAXを選ぶ3つの基準です。それでは詳しく解説をしていきます。


①3年間の合計金額は安いのか

WiMAXは、どのプロバイダで買おうと物自体は同じなので、通信量・通信速度等に違いはありません。そこで最も重要になってくるのが3年間での総合計金額です。

例えると、コカ・コーラはコンビニで買うのとスーパーで買うのでは、物は同じでも値段は変わります。それと同様のことです。とにかく合計金額にこだわりましょう。

合計金額にこだわる理由は、広告などで一見安い月額料金に見えても途中から月額料金が上がるなどトータルで見ると高くついてしまうケースがあるためです。

モバイルWi-Fi同様、過大な広告等によって惑わされてしまう方が多くいらっしゃいますので注意してください。


②ギガ放題プランは利用できるか

WiMAXの通信量は、「ギガ放題プラン(3日10GB)」もしくは「通常プラン(月7GB)」の2つに分かれます。

補足

  • ギガ放題プラン:3日で10GB使え、通信制限時も動画視聴が可能な速度が出るため、実質使い放題です。
  • 通常プラン:月7GBしか使えません。すぐに通信制限になってしまいます。

もちろんおすすめは、通信量が実質無制限であるギガ放題です。

金額的にもあまり変わりはありません。大手WiMAXプロバイダ(販売代理店)のギガ放題と通常の値段を比較してみました。

GMOとくとくBBのプラン比較

  • ギガ放題 :月額3,491円
  • 通常プラン:月額2,744円

毎月ラーメン一杯を我慢すれば、通信制限の無い暮らしに加えカロリーを抑えられます。


③最新機種は利用できるか

出典: https://www.uqwimax.jp/wimax/products/w06/

理由としては、最新機種の方が機能的に良いからに尽きるのですが、直近で発売された3機種の性能を比較していきましょう!

性能比較
W06
WX05
W05
発売時期
2019年1月25日
2018年11月11日
2018年1月19日
下り最大通信速度
1237Mbps
440Mbps
558Mbps
上り最大通信速度
75Mbps
75Mbps
112.5Mbps
バッテリーの持ち(ハイパフォーマンスモード)
7.1時間
8時間
6.5時間
バッテリーの持ち(エコモード)
11.6時間
14時間
10.5時間
重量
125g
128g
131g
Loading...

最新機種のW06が頭一つ抜けて、速度が速いのが分かります。

以上の3つがWiMAXを契約する際の、プロバイダを選ぶ基準になります。

改めてまとめると、「料金が安い・ギガ放題・最新機種が使える」の3点をを考慮すると良いでしょう。

今回は一つのモバイルWiFiについて解説していきましたが、別の記事では全8種類のモバイルWiFiの料金・機能等を徹底比較しています。
興味がある方は【11月21日速報】モバイルWi-Fi全8社を徹底比較!今日契約するならこれだ!をご覧ください。


まとめ

1年未満の利用であれば、縛りなしWiFiは契約すべし!

契約がシンプルなので非常に安心できるプロバイダである。

長期間利用したいかたは、WiMAXのプロバイダで契約しよう!

いかがだったでしょうか。この記事では、縛りなしWiFiと、おすすめのモバイルWi-Fiについて説明をしていきました。

結論としては、『短期間モバイルWi-Fiを利用したい方は縛りなしWiFiで契約すべし』、『それ以外の方はWiMAXのプロバイダで契約すべし』ということがわかりました。

また、WiMAXを販売するプロバイダは20社以上あり選ぶ基準を載せましたが、実際にWiMAXを契約したいと思った場合どのプロバイダがおすすめなのでしょうか。

下記の記事では、最新のWiMAXキャンペーン・料金比較表や自分にあった販売代理店を見つけることができる記事がありますので、是非ご覧ください。


プロフィール画像

Author

馬場 三郎
WIMAX業界に携わってはや4年目。WiMAXの代理販売をしていた知識を活かし、表裏のない情報や本当にお得なWiMAXプロバイダの紹介など、いちWiMAXユーザーとしてフラットにお伝えしていきます。趣味はフットサルで、異名はゲームの影の支配者(自称)です。
MENU