【10月26日更新情報】そもそも光回線とは?ポケットWiFiとの違いは?

この記事は要するに...
  • そもそも光回線とは、主に2種類あるWiFiの一種である。
  • 光回線のメリットは、『快適な通信速度で利用できる』『通信制限が存在しない』こと
  • デメリットは、『設置した場所でしか利用できない』『開設までに数ヶ月かかる』『やや高額』
  • 一人かつあまり通信量を利用する予定のない方は、ポケットWiFiを契約しよう
  • 100社以上の光回線を選ぶ際は、トレンドWiFi限定の検索・比較機能を利用しよう!

10月26日最新、ポケットWi-Fi47プランからおすすめポケットWi-Fiを検索!詳しくは、【10月26日更新情報】全40社からおすすめポケットWiFiを検索・比較できる限定サイトへ!

『光回線』という言葉をよく聞きますが、どのような回線なのか説明できますか?

「そもそも光回線とはどういう意味なの?」
「光回線とポケットWiFiのどちらで契約するのがおすすめなのか比較して欲しい」
「光回線は100種類以上あるけど、おすすめの選び方を教えて欲しい!」

今回この記事では、光回線等のWiFiを日々研究する筆者が、『そもそも光回線とは?』といった疑問を解決していきます!
光回線の基礎知識を誰にでも分かりやすく解説していますので、前提知識が全くない方もぜひ確認してみてください!



そもそもWiFiは『光回線』と『ポケットWiFi』の2種類に分かれる

まずは、『WiFi』に関して説明していきます。
WiFiとは要するにインターネット回線のことであり、接続するとインターネットを利用することができます。
そのWiFiは主に『光回線』と『ポケットWiFi』に分かれます。


種類
光回線
ポケットWiFi
平均的な速度(上り/下り)
150~300/150~300
5~10/20~25
料金
5000円〜7000円/月
3000円〜5000円/月
通信制限
完全に無制限
100GB~200GB/月
利用までにかかる時間
1ヶ月〜3ヶ月
数日で利用可能
特徴
『速度が速い』・『設置場所でしか利用できない』
『手軽な価格』・『どこでも(持ち運び)利用可能』
主な商品名
WiMAX・どんなときもWiFi
NURO光・au光
Loading...

簡単にまとめましたが、光回線とポケットWiFiの違いは上記のようになります。
念のため、お互いの画像を確認していきましょう!


【画像で確認】光回線とポケットWiFiってどんな形してるの?

言葉だけでは分かりにくいと思いますので、お互いの画像を掲載していきます。
光回線とポケットWiFiを画像で確認してみてください!


光回線

出典: https://www.nttdocomo.co.jp/hikari/

このような形のルーターをみたことある方は多いのではないでしょうか?
これが光回線になります。コードが複雑に絡まり合うというデメリットを持っています。


ポケットWiFi

出典: https://www.uqwimax.jp/

ポケットWiFiはこのような形をしていて、持ち運びができます。
スマホ以下のサイズとコンパクトですので、コードが絡まり合うなどのことはありません。


以上が光回線とポケットWiFiの簡単な比較になります。
光回線とは?と思ってた方には具体的なイメージが湧いて頂けていたら幸いです。
ここからは、光回線のメリット・デメリットを確認していきます!



光回線の3つのメリットとは?

ここからはメリット・デメリットに分けて、光回線とはどのようなものなのか解説をしていきます!
まずはメリットから確認していきましょう!


①とにかく通信速度が速い

このような評判からわかる通り、光回線はとにかく速度が速いです。
また通信速度がその時々の環境にあまり左右されなので、急に途切れるなといったことはありません。
反対にポケットWiFiの場合は、以下の評判のように通信速度があまり速くなく・安定していません。



光回線を契約することで、安定した高速通信を利用することができます。
光回線とは?と聞かれた場合、まずは高速かつ安定しているインターネットと言っても過言ではありません。
とにかく高速通信と安定性を求めるのであれば光回線一択となっています。



②大人数で利用することができる

光回線は、大人数が同時に接続しても通信に支障をきたすことはありません。
実際に接続できる人数をグラフにまとめてみました。


種類
光回線
ポケットWiFi
同時接続可能台数
15〜100台
5~15台
Loading...

ポケットWiFiも15台程度は利用できる公式発表では行っていますが、満足に利用できるのは3台程度が限界と思っていいでしょう。
反対に光回線の場合は、同時に上限数の台数を接続したとしても、速度が変わることはありません。
2人以上で回線をシェアする場合は、光回線で契約することをおすすめします。


③通信制限が存在しない

光回線は、いくら利用しても通信制限にかかることはありません。
最近増えてきたビデオ通話や、動画視聴を何も気にせず楽しみたいという方は光回線一択でしょう。
反対にポケットWiFiの場合は、100GB/月程度の通信制限が存在しています。
また、最近になって『通信量無制限』と宣伝しているポケットWiFiが発売されましたが、実際は制限があり問題となっています。



現時点では、無制限で利用できるのは『光回線』のみとなっていますので注意しましょう!


以上が光回線を契約した際のメリットとなります。
主に、速度や通信の質に関してメリットがあるということをお分かり頂けたかと思います。
次はデメリットを確認していきましょう!



光回線3つのデメリットとは?

ここからは光回線のデメリットに関して解説をしていきます。
私はポケットWiFiと光回線どっちで契約すべきなの?と悩んでいる方は以下で紹介するデメリットを許容できるか確認してください!ということをお分かり頂けたかと思います。


①開設まで時間がかかる(工事をする必要がある)

光回線は申し込みを行ってから実際に利用ができるようになるまで、短くて数週間〜長くて3ヶ月程度かかります。
その理由は、光回線を利用する為には工事をする必要があるのですが、その工事の予約が中々取れない為です。
引越し直後から回線を利用するとはいきませんので、予め注意しておきましょう。
『光回線の工事が実施されるまで、どうしてもWiFiが必要という』方は筆者が編み出した方法を伝授します。


  1. 光回線を契約・工事を予約する
  2. 『契約期間に縛りがない』ポケットWiFiを契約する
  3. 光回線の工事が終わり次第、解約金を支払わずにポケットWiFiを解約する。

重要なのは、契約期間に縛りがない(解約金なし)ポケットWiFiを契約することです。
もしも契約期間に『縛りがある』ポケットWiFiで契約をしてしまった場合は、解約時に数万円の解約金を取られてしまいますので注意しましょう。
ポケットWiFiに関しては、40種類以上と膨大な数なので後ほどリンクを載せる別ページで詳しく解説をしています!


②持ち運びをして利用することができない

光回線は、設置した家やオフィス以外では利用することができません。
また、引越しの際は新たな場所にて再度工事等が必要な場合がありますので、数年間は利用すると仮定した上で契約しましょう。
反対にポケットWiFiの場合は、持ち運びが可能ですのでどこでも利用が可能です。(※電波が届く場所ならば)
光回線は家やオフィスのみで利用する回線だということです。


③ポケットWiFiと比較した際にやや高額

光回線は、ポケットWiFiと比較すると1000円〜3000円/月程度高額になっています。
工事が必要なことや、通信の質が高いということに起因しているのでしょう。
速度が遅くても、とにかく安くしたい!という方は光回線はやや高額になりますので注意しましょう。
※数千円の違いはありますが、速度の満足度と比較すると大した損した気分にはなりませんが。


以上の3点がデメリットとなります。
特に大きな違いは、光回線は持ち運びできず一箇所で利用するWiFiであることという点でしょう。
ただ、『あなたは光回線・ポケットWiFi』どちらで契約するのがおすすめなのでしょうか?
光回線をおすすめする人、ポケットWiFiをおすすめする人で分けて解説をしていきます!



光回線・ポケットWiFiどちらで契約すべきなの?

光回線のメリット・デメリットやポケットWiFiとの比較に関して解説をしていきました!
しかしながら、あなたはどちらで契約するのがおすすめなのでしょうか?
実際に具体的な数値を上げて、光回線で契約すべき人とポケットWiFiで契約すべき人で分けて解説していきます!


光回線で契約すべき人

①2人以上で利用する方

ポケットWiFiを複数人で利用すると、速度の低下や通信制限に陥ります。
複数人で利用予定の方は光回線で契約するようにしましょう!


②ビデオ会議・テレビ・動画視聴を1日4時間以上利用する方

→上記サービスを4時間利用した際は、2GB〜3GB程度消費します。
別の用途でも利用すると考えると、ポケットWiFiの通信量ではギリギリです。


③ゲームを利用したい方

→特に格闘・戦闘ゲームなどで利用予定の方は、光回線一択となっています。
ラグが比較的発生しないので、満足に利用することができるでしょう。


ポケットWiFiで契約すべき人

①外出時にも利用したい方

→通勤時間に動画視聴したい方やカフェでの作業などを行いたい方は、ポケットWiFiにしましょう。


②一人かつ、大して動画視聴もしない方(1日2時間以下)

→1日2時間以下というヘビーユーザーではない方は、ポケットWiFiで十分でしょう。


以上が、光回線・ポケットWiFiをおすすすめする人とは?に関しての回答となります。
ただ、『実際光回線とポケットWiFiどっちか決められない!』と悩む方もいると思います。
その解決方法をまとめましたので確認しましょう。


どちらで契約するか悩んだらこの方法で解決しよう!

  1. 『ポケットWiFiで契約した後に通信速度に不満があっても解約金があるから安易に解約できない。
  2. 『かといって、光回線を利用するほどでは無いのでなるべく安く抑えたい』
  3. 『どのような選び方がこのようなリスクを回避するの?』

このような悩みを持つ方は一定数いらっしゃると思います。
筆者の結論としては、『まずは解約金なしのポケットWiFiで契約する』という方法がベストです。
簡単にまとめました!


  1. 契約期間に縛りがない(解約金のない)ポケットWiFiで契約
  2. 【重要】実際に1週間程度利用してみて、速度等に不満がないか確認
  3. 不満があった場合は、光回線の工事を予約する。
  4. 不満がなかった場合は、『現在のポケットWiFiを解約する』&『契約期間に縛りがある同端末のポケットWiFiを契約する』

ポケットWiFiの速度でも満足できたのに、新しく契約期間に縛りがあるポケットWiFiに乗り換える理由は以下の通りです。
契約期間に縛りがないポケットWiFiは、解約金が発生しない分、月額はやや高額となっているからです。
面倒でなければ、同端末で契約期間に縛りがあるポケットWiFiで契約をしなおしましょう。
ポケットWiFiに関しては、【10月26日更新情報】全40社からおすすめポケットWiFiを検索・比較できる限定サイトで解説していますので興味がある方はご確認ください。


以上で光回線とは?に関する解説を終えますが、光回線は約100種類以上が存在しておりどのように選べばいいのでしょうか?
複雑で分かりにくい光回線の中から、あなたにおすすめの光回線を選ぶ方法を伝授します!



#フォーマット



まとめ

  • 『光回線』『ポケットWiFi』の2種類から選ぼう
  • 光回線のメリットは、『速い』『大人数』『無制限』
  • 光回線のデメリットは、『利用まで時間かかる』『設置場所でしか利用できない』『やや高額』
  • 光回線は100種類以上あるので、トレンドWiFi限定比較機能を利用しよう!


Author

馬場 三郎
WIMAX業界に携わってはや4年目。WiMAXの代理販売をしていた知識を活かし、表裏のない情報や本当にお得なWiMAXプロバイダの紹介など、いちWiMAXユーザーとしてフラットにお伝えしていきます。趣味はフットサルで、異名はゲームの影の支配者(自称)です。

コメント一覧

MENU