1. HOME
  2. 5種ポケットWi-Fi比較で気付く、ワイモバイルではなくWi...

5種ポケットWi-Fi比較で気付く、ワイモバイルではなくWiMAXをおすすめする4つの理由とは

この記事は要するに...
  • ・ワイモバイルのポケットwi-fiをおすすめできない理由とは?
  • 【8月最新】WiMAXと他のポケットwi-fiを比較してみた。
  • ポケットwi-fiの中で最もおすすめのWiMAXをお得に契約する方法とは?

ワイモバイルのモバイルWi-Fiについて詳しく知っていますか?

CM等では無制限や格安であることを宣伝していますが、実際のところは無制限ではなく料金も高いためモバイルWi-Fiの中ではあまりおすすめできません。

ですので、この記事では、
「ワイモバイルはなぜおすすめじゃないの?」
「モバイルWi-Fiを購入したいのだけどおすすめは何?」
「モバイルWi-Fiを最もお得に契約する方法は?」

このような疑問に対して、実際にWiMAX・ワイモバイルなど数種類のモバイルWi-Fiを利用したことがある筆者が、誰にでも分かりやすくシンプルに比較・解説をしていきます。



【結論】ワイモバイルで契約すべきでない4つの理由とは

結論から述べますと、以下の4つの理由からワイモバイルでのモバイルWi-Fiの契約をおすすめしません。

ワイモバイルをオススメできない理由

  1. お試しができないので実際に通信速度等を確かめることができない
  2. 無制限プランの場合、通信可能エリアが狭い
  3. 動画や画像の読み込み速度が遅い
  4. 解約金が高額

このことを念頭に置いた上で、まずそもそもワイモバイルとは何かを簡単に解説していきます。


ワイモバイルとはどのようなモバイルWi-Fiなのか?

出典: https://www.ymobile.jp/plan/data/

最近何かとCMで聞くワイモバイルは、ソフトバンクが運営をしており格安SIMやモバイルWi-Fiを販売しています。

ワイモバイルは、独自の通信回線とソフトバンクの通信回線を利用しているので、通信速度は、ソフトバンクユーザーと同等レベルであると言えます。

この点は他の格安SIMやモバイルWi-Fiと差別化できているでしょう。

今回はそんなワイモバイルのモバイルWi-Fiについて解説をしていきます。


【徹底解説】ワイモバイルでモバイルWi-Fiを契約すべきでない4つの理由とは

上記で述べたワイモバイルでモバイルWi-Fiを契約すべきではない4つの理由をさらに詳しく解説していきたいと思います。

まずはもう一度おすすめできない4つの理由をご覧ください。

  • お試しができないので実際に通信速度等を確かめることができない
  • 無制限プランの場合、通信可能エリアが狭い
  • 動画や画像の読み込み速度が遅い
  • 解約金が高額

それでは順番に詳しく解説をしていきたいと思います。


①お試しができないので実際に使って速度等を確かめることができない

ワイモバイルでは、契約前にお試しで端末を利用することができません。

「家まで電波が届いてなかった」
「通信速度が満足いくものじゃなかった」
「接続予定の端末にワイモバイルのWi-Fiが繋がらなかった」

上記のようなことがあって解約をしたとしても、たっぷりと解約金が取られてしまいます。個人的な意見ですが、3年間かけて高額な支払いをするので家で速度等を確かめてから慎重に契約したいですよね。

通信機器に至っては、サービスが大幅に改善するか引っ越す以外には解決方法がないので実質解決されないと考えていいでしょう。

ネットでは嘆きのツイートがありました。

ちなみに後で解説をしていますが、WiMAXは完全無料で2週間体験できるTRYWiMAXというものを行っています。


②無制限プランの場合、通信可能エリアが狭い

ワイモバイルには、月額684円で通信量無制限プランであるアドバンスモードというものががあります。しかし、通信量無制限プランは対応エリアが全く広くなく都市部に住む一部のユーザーに限られています。


出典: https://www.ymobile.jp/area/map/

赤い部分は通常プランで利用できる場所、青い部分が無制限プランで利用できる場所になっています。

これを見てわかる通り、無制限プランを利用できる青い箇所に住む人は、大都市に集中していることが分かると思います。

99%の人口をカバーしているという言葉だけにだまされないように注意してください。

利用可能エリア外にお住いの方については、エリア拡大を待つしかないでしょう。


③動画や画像の読み込み速度が遅い

「ワイモバイルの通信量節約のために、過度に重い通信は遅くするよ」という旨の記載が公式ホームにありました。

つまり、動画や画像の読み込み速度の低下や、画質の低下が意図的に起こるのです。

出典: https://www.ymobile.jp/service/info/tsushin.html

たどり着くのは難しいですが、ホームページには、このようにしっかりと記載がされていました。

通信量を無制限に使いたい方の多くは、動画視聴などに使いたいのではないでしょうか。

このような制限が存在していると、通信ストレスの原因になりうるでしょう。

ちなみにこのような独自制限を行っているモバイルWi-Fiは、ワイモバイル以外聞いたことがありません。


④解約金が高額

ワイモバイルは初期の解約にかかるお金が高額です。

解約金自体は一見9,500円と見ると安そうに見えます。実際に他のモバイルWi-Fiと比較するとこの金額は安いです。

しかし実際には解約金に加えて分割で払う予定だった端末代金を請求されます。例えば1年未満に解約をすると、解約金と端末代金の合計で40,000円近くの請求がきます。

WiMAXは1年未満で解約すると、高くても25,000円程度です。また、解約金の説明もしっかりと記載されていますので心配はありません。

以上の4つの理由から、モバイルWi-Fiを契約する際にワイモバイルはおすすめできません。

では、モバイルWi-Fiを契約したい場合はどこで契約するのがおすすめなのでしょうか。

ワイモバイルとの比較を交えつつ解説をしていきたいと思います。


モバイルWi-Fiで最もおすすめなのはWiMAXである

2019年8月現在で、モバイルWi-Fiを契約するのであれば、WiMAXが最もおすすめです。

WiMAXが最もおすすめである理由は以下の4つです。

WiMAXが最もおすすめな理由

  1. 総合計金額が最も安い
  2. 通信可能エリアが広い
  3. データの容量が実質無制限
  4. 通信速度が最速級

それでは詳しく解説をしていきます。

①総合計金額が最も安い

モバイルWi-Fiを利用するにあたってまず気になるであろうことは、月額・容量・速度だと思います。ですので早速上位5社の料金・データ容量・速度をまとめてみました。

※WiMAXは最安値であるJPWiMAXの料金を載せています。

モバイルWi-Fi比較
契約年数
月額
通信量
通信エリア
最大速度
評判
WiMAX
3年
3,287円
3日(10GB)
広いが一部拡大中
どんなときもWiFi
2年
3,480円
無制限
広い
※縛りなしWiFi
1ヶ月〜
3,300円
3日10GB or 1日3GB(端末による)
広いが一部拡大中
※フジWiFi
1ヶ月〜
6,000円
無制限
広い
ネクストモバイル
2年
4,310円
月50GB
広い
ワイモバイル
3年
3,696円
月7GB
広い
ソフトバンク
2年
4,196円
月7GB
広い
※ドコモ
2年
9,900円
月30GB
広い
Loading...
※様々なプランが存在しているので最も通信容量の多いプランを掲載しています。詳しく各記事で解説しています。

補足

下り速度:スマホ等からデータを受信する速度です。EX)動画の閲覧

この表からも、WiMAXが最もお得であるということが分かりました。

モバイルWi-Fiの販売店の多くは「○円キャッシュバック」や、「最大3カ月利用料1,000円」などの広告を載せていますが目先の言葉に騙されないように気をつけてください。

繰り返しますが、最も重要なのは総合計金額です。


②通信可能エリアが広い

WiMAXはギガ放題(3日10GB)プランを利用した際のエリアが十分に広いです。

以下では、先ほど紹介したとおりauのモバイルWi-Fi=WiMAXなので通信可能エリアは共通です。

WiMAX

出典: https://www.uqwimax.jp/wimax/area/

ワイモバイル(青が対応エリア)

出典: https://www.ymobile.jp/area/map/

双方のサービスとも中々広い範囲で利用できますが、WiMAXの通信可能エリアがより広いことが分かります。

現在もエリアを拡大中とのことですが、最も気になるのは自分の住んでいる場所でWiMAXの電波が届くのかということでしょう。エリアの確認方法が2つありますので紹介します。

1. WiMAXホームページのエリア判定を利用する

WiMAXが実際に家で利用できるのか確認する方法はとても簡単です。以下のURLにあるエリア判定マップから、スマホやパソコンで住所を入力して確認すればいいだけです。

https://www.uqwimax.jp/wimax/area/

判定は〇、△、✕の三段階で評価されます。〇だった場合は基本的に安心して利用することが可能です。

※△ ✕判定だった場合は次に解説するTry WiMAX(WiMAXの無料体験)を試してみてください。


2. 完全無料のTRYWiMAX

出典: https://www.uqwimax.jp/wimax/beginner/trywimax/

「エリア判定で結果が出ただけでは、全く信用ならん!実際に端末を使いたい!」このような方に朗報なのがTRYWiMAXです。

TRY WiMAXとは完全無料でWiMAXを2週に渡って体験することができるサービスです。

また、無料体験をしたからと言って、勝手に契約される等のことはありませんので、ご安心して活用することをお勧めします。

※申し込み方法を解説しようと思いましたが、公式サイトが分かりやすく説明しているので、こちらのURLで確認してみてください。

https://www.uqwimax.jp/wimax/beginner/trywimax/

手元にWiMAXが届きましたら、電波の強弱だけでなく、バッテリー・通信速度・デザイン等の確認も併せてしてみてください。


WiMAX以外のモバイルWi-Fiの多くは、体験できるサービスが存在していません。

また、初期契約解除制度があるため、最悪契約した後でも8日以内であれば無料で解約ができます。


③データの容量が実質無制限

先ほどのモバイルWi-Fi比較表の通り、各モバイルWi-Fiで通信量に制限が存在していますが、その中でもWiMAXは制限が緩いです。

スマホを使っている人はよくわかると思いますが、通信制限が頻繁にやってきますよね。

誰でも通信制限になった時のイライラを体験したことはあると思います。

一般的なスマホの平均的なデータ容量は1ヶ月3GB~7GBといったところでしょうか。(筆者は7GBで契約していましたが、よく通信制限にかかったものです。)

そんな中、WiMAXはデータがほぼ使い放題なのです。ほぼというのは、実際には3日間で10GBを超えてはならないからです。

下記が10GBの目安になりますので、ご覧ください。

10GBの目安

  • youtubeなどの動画閲覧40時間
  • メールの送受信10,000通

またもし通信制限にかかってしまっても、制限されるのは翌日の18~2時頃のみ & 制限時もYoutube視聴可能な速度が出るので、実質無制限であると言っても過言ではありません。

補足ですが、WiMAXは実質無制限なので格安SIMと組み合わせて、料金も通信量もお得にすることができます。格安SIMの通信量に困っている方は、WiMAXと組み合わせることで満足のいく契約になることでしょう。

格安SIMとWiMAXの組み合わせについてさらに詳しく知りたい方は(超お得)WiMAXと格安SIMの組み合わせで、月額最大7,000円節約かつ通信量無制限!で解説をしています


④通信速度が最速級

モバイルWi-Fiを販売する5社で最高の通信速度については、先ほどのグラフの通りです。

しかしながら、掲載されている1.2Gbpsなどの速度は理論上の最大速度ですので実際に出ることはほぼ無いです。

しかし、そこまでの速度が出なくても十分動画視聴などが可能なため、心配はいりません。

どのモバイルWi-Fiであろうと通信速度は満足できますが、WiMAXが最速級であることは間違いありません。

以上の4点からWiMAXはモバイルWi-Fiの中で最もおすすめであるということが分かりました。

また集計されたアンケートからランキングが決まるモバイルアワードで2年連続、速度を含む全ての部門で1位を獲得しています!

出典: https://www.rbbtoday.com/feature/mobileaward2017/

ユーザーから料金も質も認められているWiMAXは、モバイルWi-Fi界の王者であると言えるでしょう。

WiMAXが最もおすすめのモバイルWi-Fiであることは分かりましたが、WiMAXを販売するプロバイダは20社以上存在しています。

どのような基準で、契約するプロバイダを決めればいいのでしょうか。契約を構成するプランは3種類ありますので、解説をしていきます。


WiMAXのプロバイダはどのような基準で選べばいいの?

WiMAXを販売するプロバイダ(販売代理店)は20社以上存在しますが、以下の基準に沿ってプロバイダを選べば間違いありません。

  • 3年間の合計金額は安いのか
  • ギガ放題(通信量無制限プラン)は利用できるか
  • 最新機種は利用できるか

以上がお得にWiMAXを選ぶ3つの基準です。それでは詳しく解説をしていきます。


①3年間の合計金額は安いのか

WiMAXは、どのプロバイダで買おうと物自体は同じなので、通信量・通信速度等に違いはありません。そこで最も重要になってくるのが3年間での総合計金額です。

例えると、コカ・コーラはコンビニで買うのとスーパーで買うのでは、物は同じでも値段は変わります。それと同様のことです。とにかく合計金額にこだわりましょう。

合計金額にこだわる理由は、広告などで一見安い月額料金に見えても途中から月額料金が上がるなどトータルで見ると高くついてしまうケースがあるためです。

モバイルWi-Fi同様、過大な広告等によって惑わされてしまう方が多くいらっしゃいますので注意してください。


②ギガ放題プランは利用できるか

WiMAXの通信量は、「ギガ放題プラン(3日10GB)」もしくは「通常プラン(月7GB)」の2つに分かれます。

補足

  • ギガ放題プラン:3日で10GB使え、通信制限時も動画視聴が可能な速度が出るため、実質使い放題です。
  • 通常プラン:月7GBしか使えません。すぐに通信制限になってしまいます。

もちろんおすすめは、通信量が実質無制限であるギガ放題です。

金額的にもあまり変わりはありません。大手WiMAXプロバイダ(販売代理店)のギガ放題と通常の値段を比較してみました。

GMOとくとくBBのプラン比較

  • ギガ放題 :月額3,491円
  • 通常プラン:月額2,744円

毎月ラーメン一杯を我慢すれば、通信制限の無い暮らしに加えカロリーを抑えられます。


③最新機種は利用できるか

理由としては、最新機種の方が機能的に良いからに尽きるのですが、直近で発売された3機種の性能を比較していきましょう!

性能比較
W06
WX05
W05
発売時期
2019年1月25日
2018年11月11日
2018年1月19日
下り最大通信速度
1237Mbps
440Mbps
558Mbps
上り最大通信速度
75Mbps
75Mbps
112.5Mbps
バッテリーの持ち(ハイパフォーマンスモード)
7.1時間
8時間
6.5時間
バッテリーの持ち(エコモード)
11.6時間
14時間
10.5時間
重量
125g
128g
131g
Loading...

最新機種のW06が頭一つ抜けて、速度が速いのが分かります。

W06については【超シンプル解説】WiMAXの最新機種W06が1/25新発売。WX05との違いは?にて詳しく解説していますので、是非ご覧ください!

以上の3つがWiMAXを契約する際の、プロバイダを選ぶ基準になります。

改めてまとめると、「料金が安い・ギガ放題・最新機種が使える」の3点をを考慮すると良いでしょう。


まとめ

ワイモバイルでポケットwi-fiを契約するのは危険である!

ポケットwi-fiを販売している5社を比較したところWiMAXが最もおすすめ!

WiMAXは20社以上からなるプロバイダの中から契約する。

プロバイダは、合計金額・通信量・機種を基準に選ぶ

いかがだったでしょうか。この記事では、ワイモバイルで契約すべきでない理由を解説していきました。

結論としては、ワイモバイルではなくWiMAXで契約すべきであるということが分かりました。

また、WiMAXを代理販売するプロバイダは20社以上あり選ぶ基準を載せましたが、実際にWiMAXを契約したいと思った場合どのプロバイダがおすすめなのでしょうか。

下記の記事では、8月21日時点の最新キャンペーン情報を元にWiMAXのプロバイダを20社比較し、どこで契約をすればいいのかを日々更新していますのでぜひご参照ください。

下記の記事では、料金比較や評判比較など、WiMAXのプロバイダ20社の実情を比較しどこで契約をすればいいのかを日々更新していますのでぜひご参照ください。

MENU